« Ashland、特殊化学品メーカーのInternational Specialty Products を買収 | トップページ | 東芝・ソニーが携帯向け液晶統合、産業革新機構が出資 »

2011年6月 8日 (水)

Chandra Asri の増設計画

東洋エンジニアリングは66日、インドネシア最大の石油化学会社Chandra Asri Petrochemicalの新設子会社のPT Petrokimia Butadiene Indonesiaがジャワ島西部 Cilegon Chandraのコンプレックスに隣接して建設する年産10万トンのブタジエン製造設備を受注したと発表した。

PT Chandra Asri2007年に豊田通商からスチレンモノマー製造・販売の PT.Styrindo Mono Indonesia を買収し、本年11日付でPPメーカーの PT Tri Polyta Indonesiaを統合し、新社名PT. Chandra Asri Petrochemical Tbk.として上場した。

これは新生Chandra Asri Petrochemical 大増設計画の第一弾である。 .

ーーー

Chandra Asri は当初、Barito group75%日本インドネシア石油化学投資(丸85%、昭和電工 10%TEC 5%)が25%出資して設立され、1995年に生産を開始した。

2005年に日本側は撤退した。

2006/4/26 インドネシアのエチレン計画への日本企業の参加-1

その後、株主が次々に代わった。

2008/6/7 インドネシア Chandra Asri の状況 

現在の株主は以下の通り。

Barito Pacific 71.9%  当初の株主
Temasek Holdings 22.9%  シンガポールの政府系投資機関
一般株主 5.2%  (上場)

ーーー

Chandra Asri Petrochemical の現状と増設計画は以下の通り。(数字は能力:千トン)


現状  

製品 能力
 千トン
系列 スタート 技術
ナフサクラッカー 600 1 1995 Lummus
LLDPE 200 1 1995 Union Carbide
HDPE 120 1 1995 昭和電工
PP
(Tri Polyta)
480 2 1992 Union Carbide
1 1995
SM
(Styrindo Mono)
340 1 1992 Lummus
1 1999

Chandra AsriTri Polytaはジャワ島西部 Cilegonの西の海岸にある。
Styrindo MonoCilegonの北のSerangにあり、
Chandra Asriがパイプラインでエチレンを供給していた。

     Showa Esterindo は昭電51%出資、酢酸エチル 50千トン

増設計画は以下の通り。

完成時期
原料LPG ナフサとLPG、コンデンセートの価格差を利用し、採算向上を図る。
LPGの輸入ターミナル建設のFSを実施中。
2014年末
クラッカー増設 340百万ドルを投じ、400千トン増設し、1,000千トンに。 2014年末
ポリエチレン デボトルネッキングで本年末に +16千トン
80百万ドルで1系列200千トン増設
2014年初め
ブタジエン C4(現在輸出)の有効利用
投資 
135百万ドル、能力 100千トン
2013年3Q
ブテン-1 C4(現在輸出)の有効利用
LLDPE向けに供給
2013
BTX 西ジャワのAnyer BTXプラントの建設を計画
 ベンゼン
170千トン、トルエン70千トン、キシレン55千トン
SM向けにベンゼン供給(現在、外部購入)
    ↓
採算悪化の予想から棚上げ

ーーー

参考 インドネシアの石化の現状(千トン)

製品 Chandra その他 合計
エチレン 600  - 600
LLDPE 200 Honam/Titan 200 400
HDPE 120 同上 250 370
PP 480 Pertamina 45
Polytama 230
755
SM 340  - 340
EDC 0 Asahimas 640
Sulfindo 470
1,110
EO 0 Polychem Lindo 200 200
プロピレン 320 Pertamina 288 608
アクリル酸 0 Nippon Shokubai 60 60


目次、項目別目次

http://www.knak.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。

原油、ナフサの価格情報は http://www.knak.jp/


|

« Ashland、特殊化学品メーカーのInternational Specialty Products を買収 | トップページ | 東芝・ソニーが携帯向け液晶統合、産業革新機構が出資 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ashland、特殊化学品メーカーのInternational Specialty Products を買収 | トップページ | 東芝・ソニーが携帯向け液晶統合、産業革新機構が出資 »