« SABICとSinopec、天津でポリカーボネート生産  | トップページ | EU、レジ袋禁止を検討 »

2011年5月27日 (金)

DuPont、Daniscoの買収成功 

DuPont516日、Danisco1700DKKでのTOBが成功裏に完了したと発表した。買収額は64.9億ドルとなる。

513日にTOBを終了し、発行済み株式の92.2%が応募した。

ーーー

DuPont19日、デンマークの食品用酵素や素材のメーカーのDaniscoを現金58億ドル(1DKK 665)と5億ドルの債務引き受けの合計63億ドルで買収する提案を行ったと発表した。
この買収により、工業用バイオ技術のリーダーになるとした。

2011/1/19  DuPontDaniscoを買収へ 

DuPont121日にTOBを開始した。

合併の独禁法審査は、415日の中国商務部の承認ですべて完了した。

しかし、このTOBに反対してきた米ヘッジファンドのElliott AssociatesDanisco株の買い増しを行い、持株率を5%から10.2%とし、年金基金ATP5.1%を抜いて最大株主となった。
これにより、
DuPontの買収計画は暗礁に乗り上げたかと思われた。

DuPont429日に以下の発表を行った。
 ・買収価格を従来の
1DKK 665からDKK 700に引き上げる。
 ・
TOB期間を513日に延長
 ・買収最低株数を従来の
90%から80%に引き下げる。

買収提案価格の引き上げで、Danisco役員会とデンマークの年金基金ATPやElliott Associatesなど広範な株主が買収賛成に回った。

ーーー

DuPontEllen Kullman会長兼CEOは、「Daniscoの食品添加剤事業と工業用酵素事業(Genencor部門)のDuPontへの統合は、Dupont自体のNutrition & HealthApplied BioSciences部門と相補い、工業用バイオサイエンス、栄養、健康分野で業界のリーダーになれる」と述べた。

DuPontGenencorは1995年に、コーンスターチからBio-PDOプロパンジオールを生産する発酵生体触媒を開発する目的で提携した。DuPontはテネシー州にあるDuPont Tate & Lyle Bio ProductsBio-PDOの商業生産を行っている。

DuPontGenencorは2008年に50/50 JVDuPont Danisco Cellulosic Ethanol LLC を設立した。
次世代バイオ燃料であるセルロース系エタノールの生産に取り組むもので、まずトウモロコシの茎や芯とサトウキビバガスを原材料とする。将来は、麦わら、様々なエネルギー作物、他のバイオマスを含
む多数のリグノセルロース系原料をターゲットとする。

DuPont Danisco Cellulosic Ethanol LLCは20102テネシー州Vonoreでセルロース系エタノール実証施設の開所式を行った。

2010/2/10 DuPont、セルロース系エタノールの高性能生産施設をオープン

DuPont519日、Danisco統合の組織改編を発表した。

新組織 売上高 従来組織
DuPont Danisco
Industrial Biosciences   $1 billion  Applied BioSciences  Genencor enzyme
Nutritional & Health  $3 billion Nutrition & Health Food Ingredients

 


目次、項目別目次

 http://www.knak.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。

原油、ナフサの価格情報は http://www.knak.jp/


 

|

« SABICとSinopec、天津でポリカーボネート生産  | トップページ | EU、レジ袋禁止を検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SABICとSinopec、天津でポリカーボネート生産  | トップページ | EU、レジ袋禁止を検討 »