« ダウ、エチレンとプロピレンの拡張計画を発表  | トップページ | 旭化成、サウジでのアクリロニトリル事業化のため合弁会社設立 »

2011年4月27日 (水)

韓国ロッテグループの湖南石油化学、インドネシアでエチレンプラント建設へ

インドネシアのBOPP(二軸延伸ポリプロピレンフィルム)メーカーのPT Titan Kimia Nusantara40億ドルを投じてエチレンプラントを建設する計画を明らかにした。

社長によると、韓国の湖南石油化学がファイナンスを行う。建設費の70%は湖南石油化学が出し、残りは韓国輸出入銀行が融資する。

本年末までにFSを完了し、建設に3-4年かける。
エチレンプラントは
MerakにあるBOPPプラントの近くに建設する予定。

PT Titan Kimia Nusantaraは旧称 PT Fatrapolindo Nusa Industriで、2001年にマレーシアのTitanが買収した。

PT Titan Kimiaは子会社にPT. TITAN Petrokimia Nusantaraを持つ。
これは旧称
PENIで、BP75%、三井物産と住友商事が各12.5%を持っていた。
Titan2006年にPENIを買収し、改称した。
現在の
HDPE/LLDPEの能力は年産45万トンとなっている。

2010年、湖南石油化学がマレーシアのTitanを買収、この結果、湖南石油化学がPT Titan Kimia NusantaraPT. TITAN Petrokimiaのオーナーになっている。

  インドネシア マレーシア
BOPPメーカー) HDPE/LLDPEメーカー) (エチレンコンプレックス)
1987 PT Indofatra Plastik Industri 設立    
1988 PT Fatrapolindo Nusa Industri と改称    
1989     台湾のT.T. ChaoTitan Chemicals を設立
1991   P.T. PENI設立  
2001 マレーシアのTitan が買収、
PT Titan Kimia Nusantara Tbkに改称
   
2003   Indika GroupP.T. PENIを買収  
2006   Titan ChemicalsP.T. PENIを買収、
PT. TITAN Petrokimia Nusantara と改称
PT Titan Kimia の子会社に)
 
2010 右により、湖南石油化学が
     
PT Titan KimiaPT. TITAN Petrokimiaのオーナーに
湖南石油化学、Titan Chemicalsを買収

 

韓国ロッテグループの重光昭夫(辛東彬)会長は本年2月に、30~50億ドルを投じ、インドネシアに石油化学工場を建設すると表明した。

2011/3/2 韓国ロッテ、インドネシアの石油化学に進出

 


目次、項目別目次

 http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« ダウ、エチレンとプロピレンの拡張計画を発表  | トップページ | 旭化成、サウジでのアクリロニトリル事業化のため合弁会社設立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダウ、エチレンとプロピレンの拡張計画を発表  | トップページ | 旭化成、サウジでのアクリロニトリル事業化のため合弁会社設立 »