« エチレンの状況-2  | トップページ | 日本触媒、インドネシアでアクリル酸と高吸水性樹脂を増強 »

2011年4月 5日 (火)

BASF、ブラジルでアクリル酸~高吸水性樹脂のコンプレックス構想、マレーシアでも高吸水性樹脂のFS

BASFはブラジルにアクリル酸、ブチルアクリレート、高吸水性樹脂のコンプレックスを建設する構想を検討していることを明らかにした。

現在FS中で、今年中にどこまでを含めるかと能力を決める。
既に
Braskemとの間で、Braskemが原料プロピレンを供給する覚書を締結している。
来年に着工し、
2014-15年完成の予定。

BASF2001年にブラジルSão Paulo州のGuaratinguetáでブチルアクリレートの生産をスタートしているが、南米ではアクリル酸も高吸水性樹脂も生産しておらず、すべて輸入している。

BASFはアクリル酸のリーダーで、全世界の能力は119万トンとなっている。

Antwerp  320千トン  
Ludwigshafen 320    
 
Freeport, TX 230    
 
Nanjing, China 160    
倍増計画あり
Quantan, Malaysia 160    
 
Total   1,190   
 

競合各社については次項で。

 

ーーー

BASFPETRONASは329日、マレーシアのGebeng Industrial ZoneにあるJVの BASF PETRONAS Chemicals BASF 60%/Petronas 40%)で高吸水性樹脂の生産を行うFSを開始すると発表した。

JVは1997年に設立され、アクリル酸、ブタノール、可塑剤、ブタンジオール等を生産している。

BASF PETRONAS Chemicals については 2009/8/3 ダウ、マレーシアのOptimal も売却 参照 

 


目次、項目別目次

 http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« エチレンの状況-2  | トップページ | 日本触媒、インドネシアでアクリル酸と高吸水性樹脂を増強 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エチレンの状況-2  | トップページ | 日本触媒、インドネシアでアクリル酸と高吸水性樹脂を増強 »