« 中国、レアアース資源税を大幅アップ、環境規制も  | トップページ | BASFがロシアの South Stream 天然ガスパイプライン計画に参加 »

2011年3月29日 (火)

福島原発事故

3月29日付の毎日新聞の「発信箱」に以下の内容の記載がある。

岩波書店の雑誌「科学」の1997年10月号に載った地震学の権威、神戸大の石橋克彦氏の論文「原発震災~破滅を避けるために」に今回起きたことが正確に想定されていた。
(論文では中部電力浜岡発電所と東海地震の可能性について書かれている。浜岡は現在は3基稼働だが、当時は4基あった。)

最大の水位上昇がおこっても敷地の地盤高(海抜6m以上)を越えることはないというが、1605年東海・南海巨大津波地震のような断層運動が併発すれば、それを越える大津波もありうる
   
 

海江田経済産業相は3月29日の参院予算委で、福島第一原発の設置許可時に想定していた津波が 3.122メートルだったが、実際の津波は14メートル程度だったと説明した。

   
外部電源が止まり、ディーゼル発電機が動かず、バッテリーも機能しないというような事態がおこりかねない
   
炉心溶融が生ずる恐れは強い。そうなると、さらに水蒸気爆発や水素爆発がおこって格納容器や原子炉建屋が破壊される
   
4基すべてが同時に事故をおこすこともありうるし(中略)、爆発事故が使用済み燃料貯蔵プールに波及すれば、ジルコニウム火災などを通じて放出放射能がいっそう莫大になるという推測もある

2005年の公聴会で石橋氏は以下の警告を行っている。
「日本列島のほぼ全域が大地震の静穏期を終えて活動期に入りつつあり、西日本でも今世紀半ばまでに大津波を伴う巨大地震がほぼ確実に起こる」

 

付記

石橋克彦・神戸大学名誉教授は本年3月15日付で、「2011年東北地方太平洋沖地震による『原発震災』について」を書かれている。
  
http://historical.seismology.jp/ishibashi/opinion/2011touhoku.html

その中に上記の論文も含まれている。
  
http://historical.seismology.jp/ishibashi/opinion/9710kagaku.pdf


目次、項目別目次

 http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 中国、レアアース資源税を大幅アップ、環境規制も  | トップページ | BASFがロシアの South Stream 天然ガスパイプライン計画に参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国、レアアース資源税を大幅アップ、環境規制も  | トップページ | BASFがロシアの South Stream 天然ガスパイプライン計画に参加 »