« 2010年 LyondellBasell の決算 | トップページ | 沢井製薬、キョーリン製薬への経営統合提案を取り下げ »

2011年3月10日 (木)

Huntsmanの決算 

Huntsmanの事業は以下の通り。

2010年の決算は実質的には増収増益だが、損益面は一見、非常に分り難い。

まず、2007-2009年には多額の損害賠償損益が含まれている。この結果、税金も大きく変動する。
更に、2010年にはで、転換社債の繰り上げ返済で183百万ドルの損失を計上した。

  2005 2006 2007 2008 2009 2010 増減
Sales 10,677 8,731 9,651 10,215 7,665 9,250 1,585
実質EBITDA 913 1,031 585 749 323 700 377
 
Operating Income 715 737 536 165 13 410 397
金利 -238 -229 9
転換社債の繰り上げ返済 - - - - - -183 -183
損害賠償損益 - - -210 780 835 - -835
税引前損益 569 20 -549
税金 -444 -29 415
Net Income -78 230 -172 609 114 27 -87

損害賠償損益の事情と内訳は以下の通り。

同社は2007年6月に、 Basell Polyolefins による56億ドルでの買収に合意した。

2007/6/27 速報 Basell がHuntsman Chemicalを買収 

ところが、直後に投資会社Apollo Management の100%子会社でBorden Chemical 等が合併して設立されたHexion Specialty Chemicals が総額60億ドルで対抗する買収提案を行い、これに合意した。

HuntsmanBasell2億ドルの損害賠償を行い、このうち1億ドルをHexionが負担した。

2007/7/14 Hexion、Huntsmanを106億ドルで買収

しかし、これはバブル絶頂期の取引で、その後Huntsmanの株価は大幅に下がったため、2008年6月にHexionはこの買収契約が実行不能であると宣言、裁判になったが、最終的に12月に合併を解消した。(損害賠償 765百万ドル)

2008/12/15  Huntsman、Hexionとの合併契約を破棄

実際には、裁判でHexionは敗訴し、このため同社は合併に踏み切ったが、合併資金の融資を約束した銀行がこれを拒否したために、実現が困難になったもので、Huntsmanは銀行を訴え、2009年6月に和解した。(和解金620百万ドル+訴訟費用)

2009/6/24 Huntsman、銀行と和解

損害賠償損益の内訳(百万ドル)

  2007 2008 2009  
Basellへの支払 -200      
同上 Hexion 負担   100    
Hexion等からの損害賠償   765 868 Hexion和解金 1,000
銀行 620(+ 訴訟費用12
Legal fee ほか -10 -85 -33  
合計  -210  780  835  

 


目次、項目別目次

  http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 2010年 LyondellBasell の決算 | トップページ | 沢井製薬、キョーリン製薬への経営統合提案を取り下げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年 LyondellBasell の決算 | トップページ | 沢井製薬、キョーリン製薬への経営統合提案を取り下げ »