« 公取委、合併の事前審査を廃止  | トップページ | BP、インドでのガス・石油開発でRelianceと提携  »

2011年2月26日 (土)

イラク最大の製油所爆破

イラク北部Baiji の同国最大の製油所で2月26日、少なくとも4人のテロリストが侵入し、設備を爆破した。従業員4人が死亡した。
大火災が起こり、全プラントが停止した。

製油所全体の能力は日量29万バレルで、爆破されたNorth Refinery は日量15万バレル。
もう一つの Salahuddin Refineryは改造中で、約5割の7万バレル程度の操業をしていた。

石油省報道官は早期の操業再開を目指すとしているが、復旧に2年はかかるという説がある。

この製油所は、以前は al-Qaeda が長期間支配し、活動の資金源となっていた。

イラクには現在、北部のBaiji、バクダッド南部のDora、南部のBasra 3つの製油所があり、合計の精製能力は日量55バレル。

2010/7/14 イラク、4製油所を新設、外資導入 

2月初めにはバグダッドの北でパイプラインが爆破され、Dora製油所の操業に支障が出た。


目次、項目別目次

 http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 公取委、合併の事前審査を廃止  | トップページ | BP、インドでのガス・石油開発でRelianceと提携  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公取委、合併の事前審査を廃止  | トップページ | BP、インドでのガス・石油開発でRelianceと提携  »