« エジプトーイスラエル・天然ガスパイプラインが停止 | トップページ | GlaxoSmithKline、決算で多額の法務コストを計上、大幅減益 »

2011年2月 9日 (水)

BASF、生分解性樹脂 Ecoflex の大幅増設

BASFは2月1日、生分解性樹脂 Ecoflex の増設が完了し、生産を開始したと発表した。
Ludwigshafenのプラントを既存の
14千トンから60千トン増設し、74千トンとした。

同時に、Ecoflexとポリ乳酸のコンパウンドであるEcovioの能力も増やした。

Ecoflexは一般のポリエチレンと同じ性質を持つが、完全な生分解性を有している。
Ecoflexは、バクテリアや菌などの微生物によって、植物が分解されるのとほぼ同じ速さで、水、二酸化炭素、バイオマスに変換される。
Ecovioも同様に生分解性を有し、再生可能原料を75%まで含有する。

主な用途は、レジ袋、ごみ袋、農業用マルチフィルム、食品包装など。
最新の製品はEcovio FS Paperで、ペーパーカップや段ボール箱の表面コーティングに使う。

BASFでは生分解性樹脂の需要は現在年率20%以上で伸びているとし、2020年までに需要が大きく伸びると見ている。

Ecoflexはポリブチレンアジペート-ブチレンテレフターレート共重合体(PBAT)で、1,4-ブタンジオール、アジピン酸、テレフタル酸の共重合体である。



一般に、脂肪族ポリエステルとテレフタレートの共重合体は生分解性を持つとされている。
DuPontBioMaxはアジピン酸の代わりにコハク酸を入れたもの。

BASFEcoflex1998年に年産8千トンで生産を開始し、その後14千トンに増設した。

2005年にEcoflexにコーンからつくるポリ乳酸を45%混ぜた生分解性プラスチック Ecovioを開発した。


目次、項目別目次

 http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« エジプトーイスラエル・天然ガスパイプラインが停止 | トップページ | GlaxoSmithKline、決算で多額の法務コストを計上、大幅減益 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エジプトーイスラエル・天然ガスパイプラインが停止 | トップページ | GlaxoSmithKline、決算で多額の法務コストを計上、大幅減益 »