« 韓国のLGグループとサムソングループ、2011年に過去最大の投資 | トップページ | 中国の2010年貿易収支 »

2011年1月11日 (火)

台湾のTSRC、Dow/Exxonmobilの合成ゴム事業買収

台湾の合成樹脂メーカーのTSRC1224日、米国の合成ゴムメーカーのDexco Polymers 168百万ドルで買収すると発表した。
米国と台湾の当局の承認手続きなどを経て、
2011年の第2四半期に手続きが完了するとみている。

Dexco Polymers 1988年にDowExxonmobil Chemical 50/50で設立した。(社名はDow-ExxonMobil Companyから)
DowLouisianaPlaquemineのコンプレックスで、SIS (styrene-isoprene-styrene) SBS (styrene-butadiene-styrene) を生産している。
これらの製品は、アスファルト改質剤や接着剤・シーラントの原料として使用される。

TSRCでは、この買収は同社の技術をアップグレードし、需要家に幅広い製品を供給し、欧米の需要家にも製品を供給するのに役立つとしている。

ーーー

TSRC(当初名はTaiwan Synthetic Rubber Co.)1973年設立の台湾最大の合成ゴムメーカーで、台湾の大社に以下のプラントを持つ。

  現能力  
SBR  100千トン 1977BFGoodrich技術
BR 54千トン 1982年 宇部興産技術 当初40千トン
TPE 54千トン 1988Phillips Petroleumのテキサス工場のプラントを購入、高雄に移転
当初
20千トン
TPR 8千トン  

同社はまた、中国、タイ、インドに進出している。    

詳細は 2010/5/13  LANXESS TSRC、中国でNBR製造 

ーーー

Dowの合成ゴム事業は旧東ドイツのBuna Sow Leuna Olefinverbund を買収したもので、Schkopau に工場をもち、SBR、ポリブタジエンゴム (PBR)、Lithium Lo Cis ポリブタジエンゴム (Li-PBR)、nickel Ziegler-Natta 触媒 Hi Cis ポリブタジエンゴム (Ni-PBR)、エマルジョンSBR (ESBR)、 溶液重合SBR(SSBR)などを製造していた。

スチレン系事業のスタイロンをBain Capital Partnersに売却した際にこれを含めた。

2009/5/21 ダウ、合成ゴム事業の売却を検討
2010/6/18 ダウ、スチレン系事業売却完了

Dexco Polymersについてはスタイロンに含めていなかった。

今回の売却にあたり、Dow CEOAndrew N. Liverisは、「この売却は事業を変質させるという戦略の実行の例であり、今後も、市場志向で技術をベースとした統合会社に向かって進み、安定した収益の伸びを確保する」としている。

なお、Dowは独自のINSITE 技術によるメタロセンEPDM (Nordel)を持っている。
1996年4月にDuPont と50/50JVの DuPont Dow Elastomers に移管したが、2005年1月にINSITE 技術によるポリオレフィンエラストマー(Engage)、塩素化ポリエチレン(Tyrin)などとともにJVから引き取った。

Dowはこれを今後も維持する。

同社は201011月にEPDMの需要の伸びに対応するため、Plaquemine, La 工場のデボトルネッキングにより11千トンの増設を行った。


目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 韓国のLGグループとサムソングループ、2011年に過去最大の投資 | トップページ | 中国の2010年貿易収支 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国のLGグループとサムソングループ、2011年に過去最大の投資 | トップページ | 中国の2010年貿易収支 »