« 水銀条約とPVC  | トップページ | Evonik、インドでのHPPOプロジェクトでインドのGACLと覚書締結 »

2011年1月19日 (水)

DuPont、Daniscoを買収へ 

DuPont19日、デンマークの食品用酵素や素材のメーカーのDaniscoを現金58億ドルと5億ドルの債務引き受けの合計63億ドルで買収する提案を行ったと発表した。
この買収により、工業用バイオ技術のリーダーになるとしている。
Danisco側はこの提案を歓迎している。

付記 DuPontは1月21日にTOBを開始した。

DuPont30億ドルを手持ち現金で、残りは借入金で賄う。
買収は第2四半期に完了する予定。

Danisco19世紀末にデンマークでDanish Sugar and Danish Distillersとして設立された。
1960年代後半に砂糖を原料とした果糖の工業的結晶化に成功し、以来フルーツシュガー(果糖)はフィンランドをはじめ、遺伝性糖尿病患者を抱えるヨーロッパ諸国を中心に広まった。
米国では英国のTate & Lyleの技術提携により大量生産を行っている。

Tate & Lyleは穀類を使った甘味料、デンプン、精糖、高付加価値食品および工業用原料、およびクエン酸などを扱っており、工業用デンプンでは世界第一位、SPLENDA®スクラロース(高甘味度甘味料)を製造する唯一のメーカー。
過去10年間で同社のテクノロジーの中核をなす発酵技術を確立し、現在では世界有数の発酵メーカーとして4大陸に17の発酵設備を所有している。

Daniscoは創業当初より乳化剤、食品用香料、食品用酵素などをはじめ、安定剤や乳化安定剤ブレンドといった分野へも進出した。

現在のDaniscoの事業は以下の通り。

分野 部門 製品
Food Ingredients Enablers Emulsifiers, Hydrocolloids その他の食品添加剤
BioActives Cultures 種菌、培養基、凝固剤、酵素
Sweeteners 果糖
Fructofin(ビート):フィンランド工場
Krystar300(とうもろこし):米国提携工場(Tate & Lyle
Industrial Biotech Genencor Bio chemicals projects(工業用酵素)

Food Ingredientsが売上高の67%、Genencorが33%を占める。

同社の業績は以下の通り。(単位:百万DKK) 

2008/5-
2009/4
2009/5-
2010/4
構成比
売上高 Enablers 5,544 5,691 42%
Cultures 1,917 2,072 15%
Sweetners 1,495 1,419 10%
Genencor 4,035 4,524 33%
合計 12,991 13,706 100%
営業損益
(除 特殊項目)
Enablers 646 923
Cultures 320 396
Sweetners 77 20
Genencor 401 616
合計 1,444 1,955

   1DKK14.7円 売上高は約2000億円

DuPontDaniscoの統合で工業用バイオ技術の強化が期待される。

DuPontは既にDaniscoの工業用バイオ部門のGenencorとの間で提携している。

DuPontGenencorは1995年に、コーンスターチからBio-PDO プロパンジオールを生産する発酵生体触媒を開発する目的で提携した。
DuPontは現在、テネシー州にあるDuPont Tate & Lyle Bio ProductsBio-PDOの商業生産を行っている。

DuPont200810月、Genencorとの間で50/50 JVDuPont Danisco Cellulosic Ethanol LLC を設立することで合意したと発表した。
次世代バイオ燃料であるセルロース系エタノールの生産に対する優れた低コスト技術ソリューションを開発・商品化し、
750 億ドルの世界市場機会に取り組むもので、最初の3 年間に14000 万ドルを投資し、まずトウモロコシの茎や芯とサトウキビバガスを原材料とする。将来は、麦わら、様々なエネルギー作物、他のバイオマスを含む多数のリグノセルロース系原料をターゲットとする。

DuPont Danisco Cellulosic Ethanol LLCは20102テネシー州Vonoreでセルロース系エタノール実証施設の開所式を行った。

2010/2/10 DuPont、セルロース系エタノールの高性能生産施設をオープン


  目次、項目別目次

http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 水銀条約とPVC  | トップページ | Evonik、インドでのHPPOプロジェクトでインドのGACLと覚書締結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水銀条約とPVC  | トップページ | Evonik、インドでのHPPOプロジェクトでインドのGACLと覚書締結 »