« SABIC 2010年決算速報 | トップページ | 三菱商事、インドネシアでのLNG計画決定 »

2011年1月26日 (水)

DSM、ロシアで KuibyshevAzot OJSC とポリアミドで戦略的提携

DSMとロシアのKuibyshevAzot OJSC KA社)は120日、戦略的提携を発表した。

両社はロシアに次の2つのJVを設立する。

PA6のコンパウンドとフィルムの(ロシア、CISでの)マーケティングと販売のJV
 DSM Engineering Plastics 51%出資

TogliattiにあるKA社のコンパウンド工場をJV化する。
   
DSM Engineering Plastics 80%出資
   (これにより、
DSMはロシア、CISで製造する最初の欧州のPA6メーカーとなる。)

合わせて、KA社はDSMからシクロヘキサノンの製造技術のライセンスを受ける。
最新技術導入により、
TogliattiにあるKA社のカプロラクタム工場に適用、能力増強を図る。

DSM15年間、ライセンス収入を得るとともに、増産分の一部の引取権の交渉をするとしている。

参考 シクロヘキサンー(酸化)→シクロヘキサノン→カプロラクタム→PA6

ーーー

PA6を中心とするEngineering plastics DSMのコア事業の一つ。

DSM20102月に、三菱化学との間で、DSMPC事業と三菱化学のナイロン事業の交換契約で合意している。

   2010/3/3 三菱化学、DSMとの高機能樹脂事業における事業交換契約に合意 

DSMは2007年に新しい戦略 Vision 2010 Building on Strengths strategy を発表した。
Life Sciences Materials Sciences へのシフトを進めるとし、非コア事業の処分計画を進めるとともに、コア事業では買収と提携を検討するとした。

2007/10/3 DSMの経営方針
2011/1/5 DSMMartek Biosciencesを買収 再構築をほぼ完成 

今回の提携はこれに沿ったもので、同社ではロシアでのPA6の需要は今後5年で倍増すると見ている。

ーーー

KA社は2つの事業を行っている。

・カプロラクタム、PA6、ヤーン、Tire cord fabric
・アンモニア、窒素肥料

生産実績は以下の通り。 (単位:千トン、シェアは2007年)

  2000  2009  売上高
 シェア
 
Caprolactam 105 175.3 34% 1974年スタート
ロシアのシェア 50%
Polyamide - 86.6 25% 2003年スタート
ロシアのシェア 57%
Technical yarn - 6.3 2004年スタート
Tire cord fabric - 5.1 同上
硝安 299.8 500.5 33% ロシアのシェア 5%
尿素 193.0 312.6
硫安 307.9 448.4
アンモニア 530.6 556.9 2%  
その他     6%  

2009年の売上高は16,039百万ルーブル540百万ドル)。


  目次、項目別目次

 http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« SABIC 2010年決算速報 | トップページ | 三菱商事、インドネシアでのLNG計画決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SABIC 2010年決算速報 | トップページ | 三菱商事、インドネシアでのLNG計画決定 »