« First Solar、中国企業との合弁で内蒙古で太陽光発電 | トップページ | 水銀条約とPVC  »

2011年1月17日 (月)

BP、ロシアのRosneft と戦略的提携 

BP114日、ロシアのRosneftとの間でグローバルな戦略的提携で合意したと発表した。

Rosneft(ロスネフチ)はロシアの石油会社で、ロシア政府が75.16%を所有、残りは公開されているが、国有財産管理庁に管理されており、実質的にロシアの国営企業である。
サハリン、シベリア、
Timan-Pechora行政区、そしてチェチェンを含む南ロシアで石油と天然ガスを生産している。
生産量は原油換算で日量240万バレ
ル。

Rosneft BPの株式5%を購入、見返りにBPRosneft株式 9.5%を購入する。
BPRosneftに発行する株式の価値は現在の株価で約78億ドルになる。両社は持ち合いを長期の、戦略的なものとみている。
(契約上は2年間は売却できず、その後も売却に制限がついている。)

両社はロシアの北極海大陸棚にある3つの鉱区EPNZ 1,2,3)を共同で開発する。2010年にRosneftが権利を取得したもので、South Kara Sea125千km2にわたるもの。英国北部の北海油田と同程度の広さで、同規模の石油産出量が期待できるという。   

付記 その後の情報では、Rosneftは開発JV2/3を所有するが、開発コストの最初の20億ドルはBPが負担する。

BPはメキシコ湾の原油流出事故後に、補償資金の確保のため多くの既存油田の権益売却を進めているが、その一方で、未開発油田の大きいロシアでの事業拡大を目指す。

両社はまた、ロシアに北極圏技術センターを設立し、ロシアや海外の研究所や大学と協力して、北極海の大陸棚から石油を安全に採掘するための技術を開発する。安全性、環境との調和、緊急漏えい対策などのBPの経験と知見を基にする。

両社はKara Sea以外のロシアの北極圏の石油開発についての技術的研究も実施する。

両社は今回、ドイツのRuhr Oel GmbH50/50株主となるが、これ以外にも国際的な協力関係を探る。

Ruhr Oel BPとベネズエラ国営石油会社PdVSA JVであった。
1983年に当時のVeba Oel AG PdVSA JVとして設立され、その後、Degussa Veba を買収したが、2002年にDegussa 親会社のE.On Veba BP に売却した。)

Rosneft 201010月にPDVSA50%持分を16億ドルで買収する契約を締結した。
手続きが完了すれば、Ruhr OelBPRosneft50/50JVとなる。

Ruhr Oel Gelsenkirchenに製油所と石化コンプレックスを持ち、BPのドイツ子会社のBP Refining & Petrochemicalsが運営を受託している。
他に、石油精製会社
MiRO 24%Bayernoil 25%PCK Schwedt 37.5%を保有している。
Ruhr Oel の石油精製能力の持分は合計で年2320万トンで、ドイツの精製能力の20%を占める。

BPRosneft 20061月にロシアの北極圏を評価する共同研究を行っている。

両社はサハリン4とサハリン5プロジェクトを共同で開発中。
    2006/6/6 
「新・国家エネルギー戦略」発表 後半に記載

ーーー

Rosneft
Sinopec とも提携している。

両社は2006 年11 月に戦略的枠組み協定に調印し、TNK-BP (Tyumen OilとBPの合弁)からUdmurtneft(沿ヴォルガ地域)油田を買収、共同経営を開始した。

Sinopec はRosneft からサハリン3の一部 Veninsky oil project の25.1%の権益を取得している。(残り74.9%はRosneft)
なお、Sinopecが最近、開発がうまくいかないとして技術者を引上げたとの情報がある。

ーーー

BPはロシアでは50/50JVのTNK-BPを持っている。

2008/9/9 BP、ロシアの石油JV 経営問題でロシア側に譲歩

 

付記 

Alfa Access Renova を構成する4人の新興財閥が1月27日、BPRosneftとの取引がTNK-BPを除外しているのは、BPTNK-BPの株主協定に違反するとしてロンドンの高等法院(High Court)に訴えた。

TNK-BP はロシアで3番目に大きい石油会社で、BPAlfa Access Renova group 50%ずつ所有している。
Alfa Access Renova 下記の3社の連合。

Alfa Group ロシアの新興財閥で、ロシア最大の金融産業コングロマリットのひとつ。
Mikhail Fridman German Khan 50%ずつ保有。
Access Industries ロシア生まれの Len Blavatnik が設立し所有する米国の投資会社で、Basellを買収した。
Renova Holding ロシアの長者番付では第5位のViktor Feliksovich Vekselberg SUALの大株主)のベンチャーキャピタル。

BPRosneft の交渉を直ちに取りやめることを求めており、本件をやめろというのではなく、BPがロシアではTNK-BP通して活動することを求めている。 4人は株主契約がそうなっていると主張している。
4人は特に、詳細を伝えられなかったことに不満を表明している。

これに対しBPは、Rosneftとの取引はTNK-BPの契約に違反しないと主張している。

BP内部では、TNK-BPは北極海での作業に必要な海上掘削の経験がないことを指摘している。

 Rosneft
の会長でPutin首相の腹心で、副首相でもあるIgor Sechinは、この問題は解決するものと信じるとのみ述べている。

Putin首相と腹心のIgor Sechin副首相がバックアップする取引への公然とした挑戦であるとして注目されている。

    ---

2月1日、裁判所は調停での問題解決を命じた。それまで交渉は中断する。
BPは同日、調停にかけることを発表した。


  目次、項目別目次

http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« First Solar、中国企業との合弁で内蒙古で太陽光発電 | トップページ | 水銀条約とPVC  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« First Solar、中国企業との合弁で内蒙古で太陽光発電 | トップページ | 水銀条約とPVC  »