« 中国のGDP、世界2位に | トップページ | SABIC 2010年決算速報 »

2011年1月24日 (月)

2010年米住宅着工件数 

米商務省は1月19日、12月の住宅着工件数を発表した。

季節調整済みの年率換算で529千戸で、550千戸程度との市場予想を下回った。
前月比で4.3%の減、前年同月比で8.2%の減となった。
しかし、先行指標となる住宅着工許可件数は前月比16.7%大幅増の年率635
戸となった。

2010年の年間合計では587.6千戸となった。
1959年の統計開始以来の最低記録を更新した2009年と比べ、33.6千戸の増加となったが、2008年と比べるとまだ、65%の低い水準である。

米国経済の他の分野では改善兆候が見られているにもかかわらず、住宅建設業者は引き続き悲観的見方を維持している。
回復にはかなり時間がかかりそうだ。

ーーー

日本も同様で、2007年6改正建築基準法の施行で着工件数は同年秋に激減した。
その後若干の回復を見たが、2009年以降はその低水準で推移している。
(2010年も810千戸程度の予想で、1996年の半分。)

付記 2010年暦年は813千戸となった。


  目次、項目別目次

http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 中国のGDP、世界2位に | トップページ | SABIC 2010年決算速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国のGDP、世界2位に | トップページ | SABIC 2010年決算速報 »