« 韓米自由貿易協定(FTA)追加交渉が妥結 | トップページ | 中国、外資の税優遇全廃 »

2010年12月 6日 (月)

原油価格上昇

原油価格が上昇している。

12月2日のNY原油先物は前日比1.25ドル高の88.00ドル/バレルとなり、2008年10月上旬以来の高値となった。
3日は更に上昇、終値は89.19ドルとなった。年初来の平均は78.8ドル。

米欧の株価が急反発したことに追随した。(グラフのように、最近は原油価格と株価が連動している。)
また、為替市場でドル安が進んだため、ドル建て資産である原油に投機資金が流入した。

これに合わせて、日本の原油価格、ナフサ価格も上昇した。
12月3日にはドバイ原油は87.50ドル/バレル、ナフサは850ドル/トンと、いずれも2008年の価格急落以来の最高値を記録した。

最近の輸入ナフサ価格は以下の通りとなっている。

7月  42,352 円/kl  
8月 39,972    
9月 39,715    
平均 40,705    第3四半期 国産ナフサ基準価格 @42,700
10 40,685    

11月、12月の輸入価格は更に上昇する。

 


目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 韓米自由貿易協定(FTA)追加交渉が妥結 | トップページ | 中国、外資の税優遇全廃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓米自由貿易協定(FTA)追加交渉が妥結 | トップページ | 中国、外資の税優遇全廃 »