« BASFとSINOPEC、BASF-YPCの第二次増強を検討 | トップページ | ロシアの2大肥料会社が合併へ  »

2010年12月25日 (土)

GSTP加盟11か国、関税引き下げで合意

ブラジルやインド、韓国など11カ国は12月15日、ブラジル南部のフォスドイグアスで閣僚級会合を開き、関税を相互に20%引き下げることで合意した。
引き下げ対象を全貿易品目の
70%にとどめた緩やかな形だが、 途上国・新興国同士で貿易圏を形成し、域内の通商を活発にする狙い。

今回の枠組みは、国連貿易開発会議(UNCTAD)の支援で途上国・新興国間の貿易促進に取り組んでいた「世界的貿易特恵関税制度 (GSTP)」加盟43カ国によるもの。

* Global System of Trade Preferences Among Developing Countries

2004年にサンパウロで開いたUNCTADの総会後、GSTP加盟国が「サンパウロ・ラウンド」として関税引き 下げ交渉を続けていた。
今回、加盟国のうち
11カ国が、ブラジル南部のフォスドイグアスで閣僚級会合を開き、関税引き下げで合意した。
4カ国が国内の批准手続きを済ませた段階で発効させ、その後は、批准を終えた国が順次参加していく。

参加したのは次の11か国。
  アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ
 (以上Mercosur:Common Market of the South のメンバー国)
  インドネシア、マレーシア(以上、ASEANメンバー)
  
インド、キューバ、エジプト、モロッコ、韓国

11カ国以外の国が後から合意に加わることを認めており、イランなど数カ国が準備を進めている。

関税引き下げの対象は全貿易品目の70%(品目数で約47,000)で、各国は貿易品目の最大30%を保護対象として指定することが可能。国ごとに農産品や電子機器などを登録した。今後、2年ごとに税率などを見直すことでも合意した。

ーーー

なお、韓国の東亜日報によると、米国が最近、韓国政府に「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)」の参加を正式に要請した。

韓国政府の高官は12月17日、「米国がTPPに対する積極的な参加を要請してきた。韓国は、これに対してひとまず『検討する』という前向きなシグナルを送った」と明らかにした。韓米FTAの早期批准への対米圧迫カードとして活用する。

韓国は米国、EUとFTAを締結、更に、チリ、シンガポール、欧州自由貿易連合、ASEAN10ヵ国、インドの国と地域との間でFTAを締結している。


目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« BASFとSINOPEC、BASF-YPCの第二次増強を検討 | トップページ | ロシアの2大肥料会社が合併へ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BASFとSINOPEC、BASF-YPCの第二次増強を検討 | トップページ | ロシアの2大肥料会社が合併へ  »