« Siam Cement、PTT Chemical 持株を売却  | トップページ | Sinopec、Occidental からアルゼンチンの石油権益を買収 »

2010年12月16日 (木)

Bayer、中国事業の大拡張を発表

Bayerは12月9日、2016年までに中国でのハイグレード材料の生産能力を大増設すると発表した。

上海地区で10億ユーロの投資を行い、現在21億ユーロの中国地区(台湾・香港を含む)での売上高を2015年に50億ユーロとする。
このうち、
MaterialScience部門は現在の12億ユーロを最低25億ユーロとする。

ーーー

Bayerは2001年10月、朱鎔基首相、シュレーダー首相も参加して、上海ケミカルパークの新生産基地に関する基本契約に調印した。
同11月に浦東のバイエルの新しい高分子研究センターの開所式と合わせて着工した。

基本契約の中心は、3つのコア・プロジェクト(塗料、熱可塑性樹脂、ポリウレタン原料の生産)の認可で、
第1は自動車、建設、家具業界で使用される塗料・着色材の製造で、バイエル塗料システムズ(上海)が担当する。

2003年からポリイソシアネートのDesmodur® N 11,500トン、2004年末にDesmodur® L 11,000トンの生産を始めている。

第2はポリカーボネート「マクロロン」の製造で、Bayer (Shanghai) Polymer (バイエル90%/上海クロルアルカリ 10%)が担当する。

上海クロルアルカリは2009123日、JVから離脱すると発表した。
Bayer (Shanghai) Polymer は バイエル100%となる。

2006年9月、上海ケミカルパークでポリカーボネート工場の第一期 10万トン/年の開所式を行った。

2008年10月にPCの増設が完成、能力が20万トンになった。

第3はポリウレタン原料の大規模生産で、新設の100%子会社「バイエル・ポリウレタン(上海)社」が担当する。

2006年9月、上海ケミカルパークで粗MDIのスプリッター(モノマー/ポリマー分離)8万トン/年、及びHDI 3万トン/年のプラントの開所式を行った。

第3のコア・プロジェクトのポリウレタン原料の最初のプラントのMDIのスプリッターに次いで、200810月に世界最大の35万トン/年のMDI設備がスタートした。
2009年には
25万トン(当初計画は16万トンGas Phase Phosgenation法TDIも建設を開始、間もなく完成する。

2006/9/11 バイエル、上海のPC工場等が完成

ーーー

今回、次の5つの投資を行う。

1) ポリカーボネート
既存の10万トン(増設して現在20万トン)のプラントを30万トンに拡張、新たに20万トンのプラントを新設し、合計能力を50万トンにする。

中国の需要の拡大により、アジア太平洋地区のPCの需要は全世界の60%となっている。

   
2) MDI
既存の35万トンを50万トンに拡張、新たに50万トンプラントを新設、合計能力を100万トンとする。

断熱材用などでの硬質ポリウレタンフォームの需要増に対応する。

   
3) HDI
需要増に対応して先ず既存設備(3万トン)を増強、更に5万トンのプラントの建設を行う。
   
4) 上海と他の3都市に合計5箇所の需要家サポートセンターを建設する。これに110百万ユーロを投資する。
   
5) R&Dの拡張

中国が世界の主導的な役割を果たす、風力発電タービンや太陽エネルギー発電などの分野に注力する。

 

別途、MaterialScience部門ではポリカーボネートの本部機能を来年、上海に移す。
世界の
PCの市場におけるこの地域の重要性を勘案したもので、これにより、意思決定を早める。

 


目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« Siam Cement、PTT Chemical 持株を売却  | トップページ | Sinopec、Occidental からアルゼンチンの石油権益を買収 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Siam Cement、PTT Chemical 持株を売却  | トップページ | Sinopec、Occidental からアルゼンチンの石油権益を買収 »