« BASFとIneos、スチレン事業を統合 | トップページ | 中国財政部、肥料に輸出税 »

2010年12月 3日 (金)

Abu Dhabi Crude Oil Pipeline 完成 

アラブ首長国連邦のアブダビから原油を直接インド洋に輸送すAbu Dhabi Crude Oil Pipelineが完成した。

12月に試運転を開始、世界の原油輸出の1/5が毎日通過するHormuz Straitをバイパスして原油を輸送する。

アブダビ政府系ファンドのInternational Petroleum Investment Company IPIC)が2008年から建設を進めてきたもので、アブダビ南西のHabshanAbu Dhabiの陸上原油の半分以上を集める拠点)からUAE東部のFujairah港まで370kmを結び、UAEの原油生産量の約7割に相当する日量150万バレルのMurban 原油を輸送する。
48
インチのパイプライン、Fujairahのメインターミナル、海上の積込設備、その他からなる。
IPIC
ではFujairahでの製油所も検討している。

パイプラインはオアシス都市
Al Ainの西を通る370kmで、 カタールからUAEに天然ガス輸送するDolphin海底パイプラインの長さを超える。
投資額は
120億ディルハム(32.7億ドル)。

パイプラインの建設では、ILF Consulting Engineers がプロジェクトマネジャーとなり、コントラクターに中国石油工程建設公司(China Petroleum Engineering and Construction Corp.)が選ばれた。

パイプ(合計225千トン)は住友商事、ドイツのSalzgitter Mannesmann International 、インドのJindal Group 3社に分割発注された。

ーーー

サウジ原油の一部はペルシャ湾以外から出荷されるが、UAEやオマーン以外の湾岸諸国の原油は全て、ホルムズ湾を通って輸出されている。
ホルムズ海峡は最も狭い場所で幅33キロで、日本向けだけで年間1千隻以上のタンカーが通過する。

イランは、核疑惑で米国から攻撃された場合、ホルムズ湾を封鎖すると何度も言明している。

UAEや他の湾岸諸国は、原油輸出の通過を確保するため、ホルムズ湾をバイパスすることを検討してきた。.

 


目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« BASFとIneos、スチレン事業を統合 | トップページ | 中国財政部、肥料に輸出税 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BASFとIneos、スチレン事業を統合 | トップページ | 中国財政部、肥料に輸出税 »