« COP10、名古屋議定書を採択  | トップページ | 法人税率引き下げとナフサ課税  »

2010年11月 2日 (火)

注目企業の9月中間決算ー1 信越化学、JSR、東ソー 

9月中間決算の発表が始まった。

各社とも、「セグメント情報等の開示に関する会計基準」を適用し、セグメント区分を見直した。

「マネジメント・アプローチ」と呼ばれる方法で、企業が経営者の意思決定や業績評価に使用する情報に基づいてセグメント情報を開示することとなった。
必ずしも製品区分別ではないため、従来よりも企業間の比較が難しくなる。

ーーー

信越化学

前年同期比で増益となったが、年度予想でも以前の利益水準を大きく下回る。
塩ビ、シリコン半導体の損益が依然低迷している。

単位:百万円(配当:円)
売上高 営業損益  経常損益 当期損益    配当
中間 期末
08/9中間 695,413 150,101 156,519 100,953 50.0
09/9中間 417,229 52,939 55,818 35,528 50.0
10/9中間 532,562 76,143 81,203 62,342 50.0
増減 115,333 23,204 25,385 26,814
10/3 916,837 117,215 127,019 83,852 50.0 50.0
11/3 1,040,000 148,000 160,000 110,000 50.0 50.0

営業損益対比              億円
09/9中 10/9中 差異 10/3
塩ビ・化成品 100 93 -7 196
シリコーン 99 175 76 249
機能性化学品 71 60 -11 139
半導体シリコン 100 210 109 226
電子・機能材料 133 180 47 307
その他 32 42 9 68
調整 -6 2 7 -13
合計 529 761 232 1,172
塩ビ・化成品 従来の(塩ビ系)から信越ポリマーを除外、
(その他有機・無機)のソーダ、メタノール、クロロメタン
機能性化学品 (その他有機・無機)から上記3品目と信越ポリマーを除外
電子・機能材料 (電子材料)から半導体シリコンを除外(→独立)
(機能材料その他)から技術・プラント輸出、その他を除外
その他 信越ポリマーの樹脂加工製品と、技術・プラント輸出等

半導体シリコンについては値上げを行い、利益は倍増した。
しかし、以前の水準からは大きく下回る。

塩ビについてはシンテックと欧州は高稼働が続いている。

しかし、シンテックの損益をみると、大幅に減益となった2009年中間決算と余り変わらない。
理由(推定)については 2010/5/3 
注目企業の決算-1(信越化学)

ーーー

JSR

前年同期に比較すると、需要は大きく回復し、業績は改善した。
同社では、未だ回復の途上であると認識し、さらなる業績の向上を目指し総力を結集し取り組むとしている。

単位:百万円(配当:円)
売上高 営業損益 経常損益 当期損益  配当
中間 期末
08/9中間 208,037 26,166 27,822 16,204 16.0
09/9中間 142,943 3,290 3,107 -448 13.0
10/9中間 170,315 20,079 21,479 13,315 16.0
増減 27,372 16,789 18,372 13,763 3.0
10/3 310,183 20,230 22,377 13,644 13.00 13.00
11/3 340,000 38,000 40,500 26,000 16.00 16.00

営業損益対比         億円
09/9中 10/9中 差異
エラストマー -47 64 111
合成樹脂 -6 15 21
多角化事業 86 122 36
合計 33 201 168

従来、区分掲記していたエマルジョンは、エラストマーに含める。
ブタジエンモノマー等の化成品は、多角化事業からエラストマー事業に変更

ーーー

東ソー

前年同期比で増益となったが、クロルアルカリ(塩ビ+ウレタン材料)は依然、大きな赤字となっており、年度予想でも以前の水準から下回る。

単位:百万円(配当:円)
売上高 営業損益 経常損益 当期損益   配当
中間 期末
08/9中間 425,775 12,009 13,574 5,318 4.0
09/9中間 297,737 2,491 -60 -2,238 3.0
10/9中間 322,135 10,056 7,119 2,437 3.0
増減 24,398 7,565 7,179 4,675
10/3 628,706 13,047 10,080 6,890 3.0 3.0
11/3 680,000 29,000 26,000 11,000 3.0 3.0

営業損益対比         億円
09/9中 10/9中 差異
石油化学 26 28 2
クロルアルカリ -64 -56 8
機能商品 58 106 48
エンジニアリング -6 10 16
その他 11 12 1
合計 25 101 76

クロルアルカリは従来は塩ビ系が中心であったが、今回からはウレタン原料が加わった。


目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« COP10、名古屋議定書を採択  | トップページ | 法人税率引き下げとナフサ課税  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COP10、名古屋議定書を採択  | トップページ | 法人税率引き下げとナフサ課税  »