« 韓国Honam Petrochemicalの中国での活動 | トップページ | BASF、スチレン系ポリマー事業を別会社Styrolutionに移管 »

2010年10月 9日 (土)

Sinopec、Repsol Brazilに71億ドル出資

スペインの石油大手Repsolは10月1日、ブラジル子会社のRepsol Brazilが71億ドルの増資を行い、Sinopecが全量を引き受けると発表した。

Repsol Brazilはラテンアメリカ最大のエネルギー関連私企業で、ブラジル第三位の石油業者。
Santos
CamposEspiritu Santo Basinsの鉱区(深海の海底の岩塩層の更に下の pre-salt 層に油田がある)を所有しており、Santos basinではPetrobras及び英国の天然ガス生産大手 BG Group1986年に民営化されたBritish Gas が前身)と並び、開発の中心となっている。

増資後はRepsol 60%Sinopec40%の出資となる。

増資により、Repsol BrazilはSantos basinGuara 油田、Carioca油田などの開発体制がフルに整うこととなる。
Guara
油田は採掘可能量が11億~20億バレルと見込まれており、Cariocaも有望と見られている。

Petrobrasは9月23日、Tupi油田等の開発のため、700億ドルの増資を行った。

2010/9/28 Petrobras、700億ドルの史上最大の増資

ーーー

中国の石油会社による海外企業買収はSinopecによるスイスのAddax石油の買収(75.6億ドル)が最大だった。
今回はこれに次ぐ規模になる。

2009/9/2  シノペックのAddax買収の余波

また、アルゼンチンでは2010年3月に中国海洋石油有限公司(CNOOC)がBridasの株式50%を31億ドルで購入、現在は、Bridas Energy Holdings 50%/CNOOC 50%となっている。

Bridasアルゼンチン最大の原油輸出企業でチリ及びボリビアに石油・ガス資産を持つPan American Energyの40%株主で、残り60%はBPが所有しているが、BPはその大半をCNOOC売却する方向で交渉を進めていると伝えられている。この価値は 90億ドル程度とされている。

2010/8/5  BP、コロンビアの石油関連資産を売却


目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


 

|

« 韓国Honam Petrochemicalの中国での活動 | トップページ | BASF、スチレン系ポリマー事業を別会社Styrolutionに移管 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国Honam Petrochemicalの中国での活動 | トップページ | BASF、スチレン系ポリマー事業を別会社Styrolutionに移管 »