« 石油天然ガス・金属鉱物資源機構、東シベリアで大規模油田を確認  | トップページ | イラクでの天然ガス田開発、韓国連合が2ガス田を落札 »

2010年10月25日 (月)

BP、メキシコ湾の4油田の権益を丸紅に売却

BP1025日、本年3月にDevon Energy から買収したメキシコ湾の深海で操業中の4つの原油・ガス田の権益を、丸紅に650百万ドルで売却することで合意したと発表した。2011年初めに取引完了の予定。

売却対象は以下の通り。
Garden Banks 地域のMagnolia原油・ガス田(ConocoPhillipsが運営)の25%の権益
Atwater Valley 地域の Merganserガス田(Anadarkoが運営)の50%の権益
Nansen 原油・ガス田(Anadarkoが運営)の50%の権益
Mississippi Canyon 地域の Zia 原油・ガス田(BPが運営)の65%の権益

これらの権益からの生産量は原油換算で日量15千バレル。
丸紅の世界の油田の持分はこれを加えると50千バレルとなる。

BP20103月(事故の前)にDevon Energy から、これら4つの権益と、ブラジル、アゼルバイジャンの資産を70億ドルで買収した。

Devon Energy 2009年11月に、北米の陸上油田に集中するため、メキシコ湾と海外の油田を売却すると発表した。

Devon Energy
BPへの売却のほか、Apache Corporationにテキサス、ルイジアナ、アラバマ沖の油田権益を10.5億ドルで売却している。

なお、BPは本年7月Apache Corporationに対し、米国、カナダ、エジプトの石油資産を総額70億ドルで売却する契約を締結したと発表した。
売却対象はテキサス州とニューメキシコ州南東部にまたがる
パーミアン盆地の油田、西カナダの天然ガス、及びエジプトの西砂漠油田とEast Badr El-din 油田。
2010/7/22  
BP、北米とエジプトの石油資産をアパッチに売却

BPでは、Devon Energyからメキシコ湾の資産を買収した時点で、これら油田が同地域のBPの事業とフィットしないことが明らかで、もっと価値を認める会社への売却を決めたとしている。

また、BPのメキシコ湾の石油事業は同地で最大で、現在の生産量は原油換算で日量400千バレルに達するが、今回の売却は他の事業に影響を与えないとしている。

 

BPは2011年末までに300億ドルを売却するとしている。これまでの売却は以下の通り。

2010/7/22  BP、北米とエジプトの石油資産をアパッチに売却 70億ドル
   
2010/8/5  BP、コロンビアの石油関連資産を売却 19億ドル
   
2010/9/2  BP、マレーシアのエチレン、ポリエチレンJV持分をペトロナスに売却 363百万ドル
   
2010/10/22  BP、ベネズエラとベトナムの川上事業を売却 18億ドル

 


目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 石油天然ガス・金属鉱物資源機構、東シベリアで大規模油田を確認  | トップページ | イラクでの天然ガス田開発、韓国連合が2ガス田を落札 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石油天然ガス・金属鉱物資源機構、東シベリアで大規模油田を確認  | トップページ | イラクでの天然ガス田開発、韓国連合が2ガス田を落札 »