« Arkema、中国でPVDF生産 | トップページ | 米USTR、中国のグリーン技術製品に対し301条調査開始 »

2010年10月20日 (水)

BP、メキシコ湾原油流出事故で油濁法の損害賠償限度額の権利放棄を言明

BPは10月18日、広域所属訴訟multi-district litigation)のヒアリングで、メキシコ湾石油流出事故に関して、重大な過失はないとしつつ、1990年油濁法に基づく損害賠償の75百万ドルの限度規定を放棄すると言明した。
「BPは油濁法での責任限度額規定にかかわらず、全ての適法な請求には応じるとしてきた」としている。

同社は同時に、他の責任企業、リグ所有者の Transocean、権益保有2社Anadarko Petroleum と三井石油開発子会社のMOEX Offshore 2007 LLC にも限度規定の放棄を求めているが、各社は応じていないと述べた。

BPはこれまでに140ドル以上を支払ったことを明らかにし、他の各社が限度規定放棄に応じなくてもBPの姿勢に変更ないとし、各社に支払いを求める権利を留保すると述べた。


目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« Arkema、中国でPVDF生産 | トップページ | 米USTR、中国のグリーン技術製品に対し301条調査開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Arkema、中国でPVDF生産 | トップページ | 米USTR、中国のグリーン技術製品に対し301条調査開始 »