« 中国の7~9月GDP成長率、9.6%  | トップページ | チリ共和国のトピックスー太平洋戦争・FTA先進国・TPP »

2010年10月22日 (金)

BP、ベネズエラとベトナムの川上事業を売却

BP1018日、ベネズエラとベトナムの川上事業をTNK-BP18億ドルで売却することで合意したと発表した。
1029日に10億ドル、残りを売却完了時(2011年上半期)に受け取る。

TNK-BPはロシア3位の石油会社で、BPAAR Consortium (Alfa GroupAccess IndustriesRenova)50/50JVである。
BPはこれを通して、売却資産の50%の権益を留保することとなる。

2008/9/9 BP、ロシアの石油JV 経営問題でロシア側に譲歩

対象となる事業は以下の通り。
 ベネズエラ:
   オリノコ盆地
PetroMonagas heavy oil JV16.67%の持分
   
Petroperija JV40%の持分
      Boqueron JV26.67%の持分
    いずれも国営石油会社PDVSA
が運営、BPの生産量は原油換算日量25千バレル。

 ベトナム:
   
Lan TayLan Doガス田(BPが運営)の35%の権益
    
  BPの生産量は原油換算日量15千バレル。
   付随するパイプラインの
32.67%の権益
   ガスを使用する
Phu My 3 発電所(739MW)を運営するJV33.3%の持分

 売却対象のBPの資産の合計埋蔵量は原油換算270百万バレルとなる。

なお、ベトナムのガス田の権益の残りは、インドの国営Oil and Natural Gas Corp(ONGC)が45%、PetroVietnamが20%を保有しており、インドのONGCはBPのベトナム権益買収で交渉していることを明らかにしていた。

売却は2011年末までに300億ドルを売却するとした7月発表の計画の一環。
同社は既に以下の売却を行ってきた。

2010/7/22   BP、北米とエジプトの石油資産をアパッチに売却 70億ドル
2010/8/5  BP、コロンビアの石油関連資産を売却 19億ドル
2010/9/2  BP、マレーシアのエチレン、ポリエチレンJV持分をペトロナスに売却 363百万ドル

BPはパキスタンの権益の売却も検討している。

BPは中国海洋石油有限公司(CNOOC)との間で、アルゼンチン最大の原油輸出企業でチリ及びボリビアに石油・ガス資産を持つPan American EnergyのBP持ち株60%)の大半をCNOOC売却する方向で交渉を進めていると伝えられている。この価値は 90億ドル程度とされている。   

Pan American Energyの残り40%はBridasが所有する。   

Bridasはアルゼンチンのカルロス・ブルゲロン氏傘下のBridas Energy Holdingsの子会社であったが、20103月にCNOOCはBridasの株式50%を31億ドルで購入、現在は、Bridas Energy Holdings 50%/CNOOC 50%となっている。

 


目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 中国の7~9月GDP成長率、9.6%  | トップページ | チリ共和国のトピックスー太平洋戦争・FTA先進国・TPP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国の7~9月GDP成長率、9.6%  | トップページ | チリ共和国のトピックスー太平洋戦争・FTA先進国・TPP »