« 人民元の現況  | トップページ | スペインERTISAの上海フェノール計画、NDRCが承認 »

2010年8月 7日 (土)

韓国Kolon、アラミドの独禁法問題でDuPontを訴え

韓国のKolonは先月、DuPontが米国の需要家にKolonのアラミドを購入しないよう、圧力をかけているとして、連邦裁判所に訴えた。

韓国の公正取引委員会は、韓国でKolonに対する独禁法違反行為がないかどうか、韓国DuPont の調査を開始した。
公取委では資料を収集している段階であるとしている。

アラミド繊維はDuPont(日本では東レ・デュポン)と帝人が世界の市場を二分しており、両社はアラミドペーパーで折半出資の合弁会社デュポン帝人アドバンスドペーパーを設立している。

Kolonは1979年にアラミドの基礎研究を開始、1994年に完成させ、2005末から商業生産を開始した。

3社の状況は以下の通り。

  パラ系アラミド メタ系アラミド
2009
年生産量
(新聞情報)
poly-p-phenylene-
terephthalamide
左に
ジアミノフェニレン-
テラフタルアミドを共重合
poly-m-phenylene-
isophthalamide
DuPont Kevlar®   Nomex® 28,000 t 
帝人    Twaron®
(オランダで生産)
テクノーラ®
コーネックス®
25,000 t 
Kolon Heracron®     2,000 t  
5,000t
増設計画)

Twaronについて:
Courtauldsの繊維部門Enkaが開発した。
DuPont
との特許紛争があったが、1988年に和解している。 

1987年に住友化学とEnkaが日本アラミドを設立した。
1998年にAkzoNobelCourtauldsを買収、EnkaCourtauldsの繊維、化学部門を統合してAcordis設立した。
Acordissは1999年にCVC Capitalが買収)

2001年に帝人がAcordisのアラミド事業を買収(日本アラミドも)。

ーーー

DuPontKolonが同社の技術を盗用していると主張してきた。

DuPont2007年に、同社を2006年初めに退職し、その後Kolonのために Aramid Fiber Systems LLCを設立した技術者の行動に疑念を持ち、FBIと商務省に懸念を伝え、共同で調査を続けた。

DuPont20092月にKolonを商業秘密盗用で訴えた。
KolonDuPont技術を密かに取得するため執拗に活動してきた。そのために以前のDuPontの従業員(複数)を採用し、また採用しようとしてきた」とし、「Kolonの製品のこの3年間の著しい改良はDuPont技術を違法に使用した結果である」と主張した。
問題の技術者は秘密情報を自宅のパソコンに入れており、これを
Kolonに渡したとされる。

逮捕された技術者は200912月に罪を認め、本年3月に懲役18ヶ月の判決を受けた。

これに対し、KolonDuPont技術の盗用を否定、自社技術で生産していると反論している。

ーーー

Kolon グループは1957年に Korean Nylon を設立した。1969年にはKorean Polyester を設立した。
1981年にそれぞれが改称していた Kolon (Nylon) Industries Kolon (Polyester) Industries が合併して Kolon Industries となった。

別途、
Kolon グループは1976年にKolon Chemical を設立した。石油樹脂からスタートし、SAP、フェノール樹脂、ポリウレタン樹脂、熱可塑性ポリウレタン樹脂に拡大した。中国の蘇州にフェノール樹脂のJVを持っている。
20076月、Kolon Industries と合併した。

現在、
Kolon Industries Chemical Material 部門で繊維、産業資材(aramidを含む)、フィルム、エレクトロニック資材、エンプラを、Performance Material 部門で石油樹脂、フェノール樹脂、ポリウレタン樹脂、熱可塑性ポリウレタン樹脂を扱っている。

Kolon は高吸水性樹脂(SAPでは世界の6番目のメーカーであったが、2008年6月にLG Chem に売却した。

2008/6/30 韓国LG Chem、高吸水性樹脂に進出

 


目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 人民元の現況  | トップページ | スペインERTISAの上海フェノール計画、NDRCが承認 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。