« 欧州委員会、後発薬問題で製薬大手を調査 | トップページ | 2009年 石油化学製品出荷実績 »

2010年1月25日 (月)

BraskemとPetrobrasの石油化学事業統合

Petrobras(ブラジル国営石油会社)とOdebrechtBraskemの主株主)124日、Petrobras 40%/UNIPAR 60%出資のQuattor Petrochemical UNIPAR持株を買収し、同社をBraskemに統合すると発表した。買収額は478百万ドル。

また、PetrobrasBraskemへの出資を増加する。
現在の
Braskemの主株主のOdebrechtは議決権の50.1%を保持するが、 Petrobras OdebrechtBraskemでの意思決定を共同で行う。
このため、両社は持株会社
BRK Investimentos Petroquimicosを設立する。

これにより、Petrobrasの石化事業とBraskemを統合して新Braskemが誕生することとなるが、同社は熱可塑性樹脂業界でアメリカ大陸最大のメーカーとなる。

ブラジルの5つの州 (Sao Paulo, Rio de Janeiro, Rio Grande do Sul, Bahia and Alagoas)26の工場を持ち、年間売上高260億ドルとなる。

なお、両社のJVとして、IpirangaCopesulPetroflexがあるが、これが新Braskemに統合されるのかどうか、現在のところ不明。

<p><p>HTML clipboard</p></p>

Braskemによると、新会社の能力は以下の通りとなる。

PE  304万トン
PP  197万トン
PVC  51万トン
   

合計は551万トンで、ExxonMobil 531万トン、Dow483万トンを上回る。

ーーー

2007811日、Petrobras União de Industrias Petroquimicas (Unipar) 両社のブラジルの化学品、合成樹脂事業を統合する協議を行っていると発表した。新会社の名称は Companhia Petroquimica do Sudeste (CPS) で、Uniparが主導権を持つとされた。

2007/12/6 Petrobras、石化事業を再編

2008年6月12日に新会社が設立された。社名は変更され、Quattor Petrochemical となった。

新会社にはPetrobras40%出資、UNIPAR60%出資した。

PetrobrasRioPolSuzanoを、UNIPARPQU, Polietilenos と同社の化学部門を拠出した。
統合対象各社は新会社の子会社となった。(社名変更)

  拠出会社 新社名(子会社)
持株会社   Quattor Participacoes SA
Petrobras
40%
Rio Polímeros(RioPol) Rio Polímeros SA
Nova Petroquímica
(Suzano Petroqu
ímica)
SA Quattor Petroquímica
UNIPAR
60%
Petroquímica União (PQU) Quattor Basic Chemicals SA
Polietilenos União Polietilenos Union SA
UNIPAR's Chemicals Unit  

目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 欧州委員会、後発薬問題で製薬大手を調査 | トップページ | 2009年 石油化学製品出荷実績 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。