« 新日本石油と新日鉱ホールディングスとの経営統合契約の締結 | トップページ | 注目企業の9月中間決算-3 三菱ケミカル »

2009年11月 4日 (水)

三井化学、シノペックとの合弁事業の基本合意

三井化学は本年4月15日にシノペックとの間で協力関係拡大の覚書を締結した。

①フェノール・アセトン、ビスフェノールA及びその誘導品(例えばMIBK)等の協力関係について検討
②以下の事項に関し協力の可能性を検討
  技術交流並びに共同研究開発、その他のプロジェクト合弁、エンジニアリングサービス

両社は11月2日、フェノール及びEPTについて、合弁事業に向けて基本合意したと発表した。
これらによる設備投資額の合計は、600億円規模に達する予定。

三井化学は1986年にSinopecに対しウレタン原料の技術輸出を行い、1993年にはウレタン原料・樹脂の製造販売会社を合弁で設立している。

会社名:天寰ポリウレタン(Tianjin Cosmo Polyurethane)
出資者:三井武田ケミカル 45%→70%
     Sinopec天津石油化工公司 45%→25%
     蝶理 10%→5%
能力  :天津 4,500t/年、蘇州 4,000t/年
     他に、
天津に塗料用硬化剤及び包装用接着剤 17,000t

また、両社は2006年4月に折半出資により、ビスフェノールA合弁会社「上海中石化三井化工」を設立し、2009年1月に年産12万トンのプラントを稼動している。

今回の合意内容は以下の通り。

1)フェノールの合弁事業

両社はビスフェノールAの合弁の上海中石化三井化工で、BPA原料のフェノールの合弁事業を行う。
既設の
上海中石化高橋分公司のフェノールプラントも合弁会社に統合する。

1. 所在地   上海市・上海化学工業区
2. 出資比率50:50
3. 生産能力
 フェノール  アセトン  BPA
今回新設  25万トン  15万トン
既設(上海中石化三井化工)  12万トン
既設(上海中石化高橋分公司)  12.5万トン   7.5万トン
合計  37.5万トン  22.5万トン  12万トン
4. 新プラントプロセス三井化学技術
5. 営業運転開始時期2013年第2四半期

同社は誘導品事業(ビスフェノールA、MIBK)を含めたフェノール事業で世界トップを目指す。

現在、フェノール92万トン、誘導品54万トン、合計146万トンで2位。
中国のフェノール38万トンが加わると、184万トンとなる。

 1位:Ineos Phenol (誘導品なし) 188万トン
 3位:Solutia   フェノール86万トン、ビスフェノールA 11万トン、合計97万トン

ーーー

2)EPTの合弁事業

両社はSinopec傘下の上海中石化高橋分公司においてEPTの合弁事業の検討を進めることについて合意

1. 所在地 上海市・上海化学工業区
2. 事業内容三井EPTの生産・販売
3. 生産能力年産7.5万トン
4. 完工時期2013年第4四半期

同社は市原の世界最大級プラント(75千トン)の稼動でアジアトップの能力(合計10万トン)を保有しているが、中国進出で世界トップレベルの生産能力を保有することとなる。

ーーー

なお、三菱化学とシノペックも同じ4月14日に、相互の技術、原料、市場における優位性を活かし両社の提携をより一層強化して事業を拡大加速することを目的とする戦略提携パートナー関係を確立するための基本合意をしている。

2009/4/15 三菱化学、シノペックと事業戦略提携の基本合意

三菱化学は、三菱エンジニアリングプラスチックスとSinopecの3社で中国におけるビスフェノールAとポリカーボネート樹脂の製造・販売JVを設立し、建設中。

2008/4/12 三菱化学、中国でビスフェノールAとPCの合弁会社設立申請

ーーー

これとは別に、三井化学は機能材料事業分野における高付加価値事業の拡大について決定したが、この一つとして、中国華南地区におけるポリウレタン事業新会社設立を決めた。

中国華南地区においては、自動車内装材分野の更なる成長が見込まれるため、独自に新会社を設立し、日系自動車メーカーの需要獲得を目指す。
新会社には、顧客への技術サポート、タイムリーな製品供給等の機能に加えて開発センターとしての機能を付与する。

会社の名称 佛山三井化学ポリウレタン
資本金750万USドル
所在地広東省佛山市
事業内容ウレタンフォーム原料の製造、販売及び技術サービスの提供
生産能力10,000トン/年
スケジュール会社設立2009年12月予定、営業運転開始2011年初め

これに加え、以下のプロジェクトを決めた。

 超高分子量ポリエチレン(商標「ハイゼックスミリオン®」)の生産能力増強

立地三井化学 岩国大竹工場内
増強能力2,500t/年増強(既存プラント生産能力の約50%増)
スケジュール2010年2月着工、11年6月完工、11年9月営業運転開始

 液状ポリオレフィンオリゴマー(商標「ルーカント®」)の生産能力増強

立地三井化学 岩国大竹工場内
増強後の生産能力22,000t/年(既存プラントの生産能力は12,000t/年)
スケジュール11年7月営業運転開始


* 総合目次、項目別目次
    
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htmにあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 新日本石油と新日鉱ホールディングスとの経営統合契約の締結 | トップページ | 注目企業の9月中間決算-3 三菱ケミカル »

コメント

最高品質ブランドコピーしかお出ません!
コピーブランドもお取寄せ可能!
までお問い合わせください。
ブランドスーパーコピー https://www.cocoejp.com/ProductList1.aspx?TypeId=316486949692319

投稿: ブランドスーパーコピー | 2020年5月19日 (火) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新日本石油と新日鉱ホールディングスとの経営統合契約の締結 | トップページ | 注目企業の9月中間決算-3 三菱ケミカル »