« Bayer、外部からCEOを招請 | トップページ | Chevron、豪州でのGorgon Natural Gas Project 実施の最終決定 »

2009年9月17日 (木)

中国の海外資源会社への出資 続く

本年に入り、中国メーカーによる海外資源会社への出資が相次いでいる。

2009/2/21 中国五鉱集団、豪州OZ Minerals を買収
2009/3/4   中国鉄鋼大手、豪鉄鉱石大手フォーテスキューに16%出資
2009/5/16   中国、レアアースでも豪州に進出
2009/7/11   中国企業、海外の鉄鉱石にも進出
2009/7/14   中国政府系ファンドCIC、カナダの資源大手に出資
2009/9/10   PetroChina、カナダのオイルサンド事業に参加

その後も、出資が続いている。

1.ケニアのチタン鉱

金川集団有限公司は831、カナダのTiomin Resources Inc. との間で、ケニアのKwale Mineral Sands チタン鉱山の再開発のため、Tiomin子会社のTiomin Kenya Limited の株の70%を取得することで合意した。

金川集団は非鉄金属会社で、ニッケル、銅、コバルト、レアメタルなどを生産、合わせて硫酸、苛性ソーダ、液塩等を生産する。
中国最大のニッケル生産者で、
4位の銅メーカー。

金川集団は計画推進のため直ちに25百万ドルをTiomin Kenyaに出資する。

ケニア政府は2004年に計画推進に10年の期間を認めていたが、更に5年の延長を求める。

チタン鉱山はケニヤの南東、モンバサから約50Kmに位置する。埋蔵鉱量は2.5億tで、Tiomin Kenya社は100%の権益を保有している。

両社は共同で年間33万トンのチタン鉄鉱、77千トンのルチル、37千トンのジルコンを生産する計画。

Tiomin Kenya は単独でこの計画を進めていたが、2007年2月に、計画の遅れとコストアップを理由に155百万ドルの融資が引き揚げられる可能性が出たため、中断した。

その後、2008年7月に、Tiomin Resouces  18.52% の出資をしている金川集団が同鉱山に25百万ドルを投資することと、70%の出資の権利を受け取るとの覚書を締結している。

Tiomin Resources はこのほかに、ペルーのPukaqaqa 銅・金鉱山の49%の権利(残りは Pukaqaqa, Compañia Minera Milpo S.A. が保有)を有している。

ーーー

2.豪州のウラン鉱

中国の原子力発電大手、中国広東核電集団は9月10日、オーストラリアのウラン探鉱企業Energy Metals Limited の発行済み株式の70%を約8500万豪ドルで取得することで合意した。
Energy Metals 経営陣は株主に、認可取得後に中国広東核電が実施する
TOBに応じるよう呼びかけた。
同社の40%を所有するJindalee Resources Limited はこれに賛同している。

買収価格は最近3ヶ月の株価平均に60%のプレミアムを乗せたものとなっている。

広東核電はこのほかに11.7百万ドル相当の新株を引受け合計の出資比率は73%となる。.

Energy Metalsは豪北中部や西部の8カ所でウラン鉱山の探鉱を進めている。北中部のBigrlyi 鉱区(持分53.7%)には酸化ウラン換算で13千トンの埋蔵量があり、開発を本格化している。

 


* 総合目次、項目別目次
 http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« Bayer、外部からCEOを招請 | トップページ | Chevron、豪州でのGorgon Natural Gas Project 実施の最終決定 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。