« Covalence の「世界の企業モラル番付け」 | トップページ | 宇部興産の医薬品事業 »

2009年2月10日 (火)

2009年3月期損益予想

2009年3月期の第3四半期業績の発表がほぼ出揃った。

そのなかで2009年3月期通期の損益予想は、各社とも第2四半期発表時の予想に比べ、大幅に悪化している。

下記各社全社が前期実績比で減益で、特に石油化学の比率の高い企業の損益が悪い。

予想未発表の信越化学はグラフから除いたが、同社も 2008/4/28発表の予想の達成は困難としている。
(但し、証券取引所上場規定による開示義務:損益が0.7以下:が生じるほどの落ち込みは想定していないとしている。)

旭硝子と昭和電工は12月決算のため、2007年12月期実績と2008年12月期実績の対比。
各社の損益落ち込みの大きい2009年1~3月分を含まないため、比較的好決算となっている。

トクヤマは特別損失に、樹脂サッシ問題をめぐる改修費用見込額200億円や固定資産の減損損失24億6万円を計上している。

 


* 総合目次、項目別目次は
   http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« Covalence の「世界の企業モラル番付け」 | トップページ | 宇部興産の医薬品事業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Covalence の「世界の企業モラル番付け」 | トップページ | 宇部興産の医薬品事業 »