« DuPont のHolliday 会長の行動 | トップページ | LG化学、GMに電気自動車用バッテリー独占供給へ »

2009年1月16日 (金)

サウジを特恵関税対象国から除外

<p><p><p><p><p><p><p><p>HTML clipboard</p></p></p></p></p></p></p></p>

財務省は2009年度からサウジアラビアを特恵関税対象国から除外する。

特恵関税は所得水準の低い国の輸入品に通常より安い税率を課す制度で、世界銀行の統計で高所得の国に含まれないなどの基準に該当する141カ国・14地域からの輸入品が対象となっている。

サウジは直近の2006年の1人当たり所得が13,980ドルとなり、世銀の水準(約1万ドル以上)を3年連続で上回った。

2007/3 財務省告示
当該年度の前年までの3カ年の世銀統計において、同期間中連続して「高所得国」に分類されている国・地域を特恵適用除外とする。
   

なお、このほかに、輸入品目別に適用除外とする措置(部分適用除外措置)があり、サウジアラビア産のエチレングリコールが特恵関税の部分適用除外品目となっている。(中国のソーダ灰もこれに含まれる)

過去には2000年度から韓国、台湾、シンガポールが除外されている。
また、
マレーシアは、2006年7月13日の日本・マレーシア経済連携協定の発効に伴い、特恵対象国から外れた。

日本の特恵関税措置の内容は以下の通り。 

  農水産品 鉱工業産品
対象品目 特定の品目を選定し、その品目に対して特恵関税を供与。約340品目 石油、毛皮など一部の例外品目を除き、原則としてすべての品目に特恵関税を供与。約3,200品目
特恵税率 個々の品目ごとに一般の関税率より引き下げ
1) 原則として無税
2) ただし、シーリング対象品目は無税または一般税率の20%、40%、60%、80%
特恵停止方法 エスケープ・クローズ方式: 国内産業に損害を与える等の場合に、政令で特恵適用を停止
1) エスケープ・クローズ方式:同左
2) シーリング方式:年度当初に一定の品目ごとに特恵適用限度額または限度数量を設定。それを超えた場合には自動的に特恵適用を停止

 

このうち、プラスチック類(項名31)の最近の実績は以下の通り。(単位:千円)

  2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度
   (~11月)
タイ   4,277,195 3/16  4,034,247 11/16  4,239,067 1/16  4,681,324 1/16  6,257,512 11/18
サウジアラビア  4,108,413 12/16  4,221,953 11/16  4,343,870 10/17  4,648,994 10/16  4,915,918 9/17
マレーシア  2,317,071    2,794,074     824,819 7/13*    -      -  
中国  1,563,117    2,179,648    3,520,153    4,361,159    3,044,468  
フィリピン   220,322     232,780     296,235     241,304     152,194  
インド   199,771     699,694     328,592     191,800      97,548  
ブラジル    3,150      23,110      50,368     109,930      70,535  
インドネシア    7,707      26,209      26,965      26,173      6,321  
ベトナム    8,177      35,062      29,812      21,053      26,017  
ルーマニア    40,910      44,245      33,699          
トルコ     210                  
イラン        3,173              
合計  12,746,043   14,294,195   13,693,580   14,281,737   14,570,513  
シーリング枠 18,468,156   19,022,200   19,592,867   20,180,653   20,786,073  
国別限度額    20%      20%      20%      20%      20%  

 <p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>HTML clipboard</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>  数字の横の日付は輸入額が国別限度額を超えて特恵輸入が打ち切りになった日。
  
マレーシアは、日本・マレーシア経済連携協定の発効に伴うもの。 

日本の特恵関税制度は2001年度に大幅に変更された。プラスチック類では以下の通り変更された。

  変更前 2001年度以降
シーリング枠 毎年6%増加 毎年3%増加
国別限度額 全体枠の25% 全体枠の20%
特恵税率 無税 一般税率の20%

このほか、国別限度の管理が日別管理から月別管理に変更された。
従来は限度枠を超えると、翌日には特恵停止の手続きがとられ2日後に停止となっていたが、月内は枠を超えてもそのままフリーとなる。
停止手続きに約半月(10営業日)かかるため、翌月中旬に停止となる。


* 総合目次、項目別目次は
 http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


 

|

« DuPont のHolliday 会長の行動 | トップページ | LG化学、GMに電気自動車用バッテリー独占供給へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DuPont のHolliday 会長の行動 | トップページ | LG化学、GMに電気自動車用バッテリー独占供給へ »