« ロシア、ウクライナ向け天然ガス供給停止 | トップページ | ダウ、苦難のスタート »

2009年1月 3日 (土)

原油、値上がりでスタート

本年初日となる1月2日のニューヨーク原油先物取引で、WTI原油終値は12月31日の終値44.60ドル/バレルから1.74ドル値上がりして46.34ドルとなった。

ロシアがウクライナ向けガス供給を停止したことにより、天然ガス価格が急騰したことや中東情勢の悪化で原油高となった。
また、ダウ平均株価も朝方には製造業景気指数が28年ぶり低水準まで悪化して一時下落したが、オバマ新政権への政策期待で切り返し、終値が11月5日以来となる9000ドル台を回復したことも支援材料となった。


* 総合目次、項目別目次は
   http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« ロシア、ウクライナ向け天然ガス供給停止 | トップページ | ダウ、苦難のスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロシア、ウクライナ向け天然ガス供給停止 | トップページ | ダウ、苦難のスタート »