« ダウ、「変身戦略」を続行 | トップページ | 第一三共、ランバクシーの評価損計上 »

2009年1月 7日 (水)

LyondellBasell、Chapter 11 申請

LyondellBasell 16日、米国事業とBasell Germany Holdings GmbH について破産法 Chapter 11 (民事再生法)の申請を行ったと発表した。

それ以外の国での活動は従来通りとしている。

なお、民事再生計画認可までの間の倒産を防ぐため、80億ドルのDIPファイナンスのアレンジをしたことを明らかにした。

DIP(Debtor In Possession:占有継続債務者)ファイナンスは一時的な運転資金の手当てのことで、うち、32.5億ドルは新規借り入れ、32.5億ドルは既存の担保付借入金の再借り入れ、残り15.15億ドルは既存運転資金の再借り入れとなっている。

昨年下半期の売り上げが急減し、Lyondell 買収などによる260億ドルの借入金が重荷となり、借入金の返済期限延長交渉を行い、金利支払いを一部延期していた。

     2009年1月1日 LyondellBasell、民事再生法申請も

       


* 総合目次、項目別目次は
   http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« ダウ、「変身戦略」を続行 | トップページ | 第一三共、ランバクシーの評価損計上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダウ、「変身戦略」を続行 | トップページ | 第一三共、ランバクシーの評価損計上 »