« アブダビ石油の油田権益 20年延長へ | トップページ | Ineos Phenol に192百万ドルの賠償命令 »

2009年1月23日 (金)

2008年12月の米国の住宅着工件数、過去最低を更新

米商務省は1月22日、2008年の住宅着工件数を発表したが、それによると12月の季節調整済み年率換算は550千戸となり、1959年の統計開始以来最低となった。バブル最頂時の2006年1月の2,273千戸と比べると24%にしか過ぎない。

年間では904.3千戸で、2007年の1,355千戸から大幅に低下した。

12月の着工許可件数も市場予測を下回る549千戸で、米国経済の回復の兆しはまだ見えない。

  注. 12月の数値はあと2回見直され、3月中旬に確定します。


* 総合目次、項目別目次は
   http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。



 

|

« アブダビ石油の油田権益 20年延長へ | トップページ | Ineos Phenol に192百万ドルの賠償命令 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アブダビ石油の油田権益 20年延長へ | トップページ | Ineos Phenol に192百万ドルの賠償命令 »