« 第4四半期 国産ナフサ基準価格 | トップページ | Petrobras、新油田開発で大規模投資計画を発表 »

2009年1月30日 (金)

「世界で最も持続可能な100 社」

カナダの出版社Corporate Knights Inc.と米国の投資調査会社 Innovest Strategic Value Advisors は1月28日、スイス・ダボスで開催されている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)初日に合わせて、Global 100 Most Sustainable Corporations を発表した。

http://www.global100.org/PR_Global_2009.pdf

「Global 100」とは、2005年から発表しているもので、イノベスト社の格付調査をもとに、15カ国の全分野の大企業から、環境、社会、コーポレート・ガバナンス、リスクマネジメントに優れている企業を上位100社選出するもの

2009年では日本企業は、米国の20社、英国の19社に次いで、15社が選ばれた。次はドイツの7社。
2005年の5社から、06年10社、07、08年各13社となっており、初年度からの5年連続ではクラレ、NTTドコモ、リコー、トヨタの4社が選ばれている。

Corporate Knights は2002年設立のカナダの独立系雑誌社。
企業の社会的責任関連の雑誌で世界規模の発行部数を誇る。環境、教育、エネルギー・投資、責任投資などをテーマとした雑誌の発行や、環境に優しい企業や良き企業市民ランキングなどの公表などを行っている。

Innovest Strategic Value Advisors 1995年設立の独立系SRI(社会的責任投資)調査機関。
従来の投資分析手法のみでは測る事が困難な、コーポレート・ガバナンス、環境、人的資本、ステークホルダー資本の4 項目を重視する。
大手年金基金や、機関投資家、国連、NGO等の資産運用に関するアドバイスを行っている。

分析の基礎となる研究は以下を参照。

Corporate Social & Environmental Performance
Can Environmental Factors Improve Stock Selection
The Corporate Value of Eco-Efficiency

ーーー

各年に選ばれた日本企業は以下の通り。

社名 09 08 07 06 05
イオン      
ベネッセ        
キヤノン        
ダイキン工業    
大和証券        
デンソー  
JR東日本      
ホンダ      
クラレ
三菱重工    
日興コーディアル        
日本郵船    
野村證券        
日本精工      
NTTデータ        
NTTドコモ
パナソニック(松下電器産業)    
リコー
積水化学      
損保ジャパン        
凸版印刷    
トヨタ
合計社数 15 13 13 10

クラレによると、同社は1970年、環境保全の専門部署を設置し、環境負荷低減にいち早く着手した。1991年には社会環境委員会を設け、地球環境問題への総合的な対応とともに、社会への貢献活動を本格的にスタートした。さらに2003年、これをCSR委員会に改組し、企業倫理、人権・雇用、リスクマネジメントに至る広範なテーマを、重要な経営課題として取り組んでいる。

クラレは、ジョイセフ(JOICFP:家族計画国際協力財団)と日本かばん協会・ランドセル工業会の後援を受け、2004年から「ランドセルは海を越えて」キャンペーンを行っており、使用済みのランドセルにノート・えんぴつ・ボールペン・クレヨン等の学用品を入れて、世界で最も物資が不足している国のひとつであるアフガニスタンやモンゴルの子供たちにプレゼントしている。

2009年度ランドセルの応募受付を1月20日(火)から開始した。
  
http://www.kuraray.co.jp/release/2009/090119.html 


* 総合目次、項目別目次は
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 第4四半期 国産ナフサ基準価格 | トップページ | Petrobras、新油田開発で大規模投資計画を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第4四半期 国産ナフサ基準価格 | トップページ | Petrobras、新油田開発で大規模投資計画を発表 »