« 小説 「エネルギー」 | トップページ | 米FDA、バイエルのサプルメント入りアスピリンで警告 »

2008年10月31日 (金)

第3四半期 国産ナフサ基準価格決定

財務省が30日に発表した9月の輸入通関速報で、ナフサの9月の加重平均価格は82,708円/kl となった。
月単位の史上最高値となった前月の確定価格に比べると 4,098円/kl 安い。

この結果、7~9月期の加重平均価格は83,820円となり、これに2,000円を加えた国産基準価格は 85,800円/kl となり、前期を14,900円/kl上回った。

08/7  81,933円/kl
08/8  86,801
08/9  82,708
平均  83,820
基準価格   85,800
  2Q  70,900
  1Q  66,700

最近の原油、ナフサ価格の動きをみると、これが最高で、今後は大幅に下落する。

第4四半期の輸入品は8月~10月に契約したものであるが、東京市場のオープンスペックナフサの取引価格は、8月平均が1,012ドル/t、9月平均が882ドル/t、10月平均が545ドル/t で、平均すると813ドル/t ≒ 560ドル/kl となる。

1ドル=100円で計算すると、56,000円/kl となり、国産基準価格は58,000円/kl となる。

石油化学業界にとっては、第3四半期の高値分はほとんど転嫁できていないが、先行きの値下がりが明確なため、需要家の抵抗は強く、加えて中国市場では先安を折り込んでの値下がりが出ており、苦しいこととなる。


* 総合目次、項目別目次は
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 小説 「エネルギー」 | トップページ | 米FDA、バイエルのサプルメント入りアスピリンで警告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説 「エネルギー」 | トップページ | 米FDA、バイエルのサプルメント入りアスピリンで警告 »