« 週明け10月13日のニューヨーク市場 | トップページ | REACH規制で「高懸念物質」指定へ »

2008年10月15日 (水)

Hexion と Huntsman、合併へ更に進む

既報の通り、9月29日、デラウエア州裁判所は、Hexion が買収契約を破棄できるかどうかを決める裁判Huntsman 勝訴の決定を下した。

Huntsman はまた、買収資金を供給する契約を結んでいたCredit Suisse Deutsche Bank を訴えたが、9月30日、テキサス地裁は、裁判の結果が出るまでに両行が融資契約を打ち切れば、取り返しのつかない害を与えるとして緊急差し止め命令を出した。

 2008/10/2 HuntsmanHexion に勝訴  

ーーー

Huntsman は1014Hexion との合併に関し、裁判でまた勝利したと発表した。

108に始まり14日に終わった裁判で、銀行側はHuntsman には銀行に対する差し止め救済を求める権利はないと主張した。
しかし
判事は、Hexion/Huntsman の合併会社が支払不能になるとか、借入金を返済できないだろうとかを主張する裁判を銀行が起こすことを禁止するのが妥当であるとし、Huntsman の要望に応じ、緊急差し止め命令(10月8日まで)を11月1日までの差し止め命令に置き換えた。

Huntsman Apollo Management ほかに対して 30億ドルの損害賠償(+懲罰賠償、弁護士費用、金利)を求めており、更に銀行に対しては両行が Apolloと組んで、買収契約も邪魔し、自らの利益のためにHuntsmanの権利を侵害したとして訴えている。

今回、判事はこの2つの裁判を合わせ、裁判期日を来年2月9日に設定、陪審裁判を始めることとした。

Peter R. Huntsman CEO は、引き続き合併を推進するとし、銀行も今回の判決を受け、Hexion によるHuntsman 買収に向けて当初の資金供与の約束を果たすことを望むと述べた。

ーーー

Hexion 102日、Huntsman との合併に関して、米国及びEUの承認を得たと発表した。

FTC Hexion が特殊エポキシ樹脂の一部をチェコのSpolchemie に売却したのを受け、承認した。
EUもこれを条件として承認していたが、今回のSpolchemieへの売却を承認した。

チェコの合成樹脂メーカーのSpolchemie 919日、Hexion の特殊エポキシ樹脂事業の購入契約の締結を発表した。
ドイツの
Stuttgart Duisburg の製造設備、米国のArgo, Illinois Norco, Louisiana の工場及びHouston Research Center を購入する。

Hexion の会長兼CEO は「合併に必要な独禁法上の承認が取れて喜ばしい」と述べた。

ーーー

Hexion 親会社 Apollo Management 10月9日、Hexion に対して65億ドルの買収の推進のため 540百万ドルを供与すると発表した。

銀行が買収資金を供与するのを促すのが目的。
65億ドルの買収(負債込みで106億ドル)はほとんどが借入金で賄うこととなっているが、各銀行は融資を渋っており、上記の裁判につながっている。

 


* 総合目次、項目別目次は
 http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 週明け10月13日のニューヨーク市場 | トップページ | REACH規制で「高懸念物質」指定へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週明け10月13日のニューヨーク市場 | トップページ | REACH規制で「高懸念物質」指定へ »