« 韓国でタイヤメーカーが納品拒否、GM大宇が自動車生産停止 | トップページ | M&G、ブラジルのPETプラントを拡大、1系列で世界最大に »

2008年7月24日 (木)

事業統合会社の2007年度決算

事業統合会社(非上場)の決算が出揃った。各社(12月決算を含む)の営業損益と当期損益を対比した。

各社概要及び2005年度決算は下記参照。
     2006/7/19  
事業統合会社の2005年度決算 

1)ポリオレフィン

日産丸善ポリエチレンは当期損益しか発表していない。(B/Sのみを公告)

営業損益は各社とも前年比減益となっている。

三井化学/出光興産のプライムポリマーは、初年度の06/3は恐らく統合のための特別処理を行なったと思われ、赤字となったが、07/3には大きな利益を計上した。
しかし、08/3には大幅減益となった。

 

2)PVC

3社とも3年連続の減益で、ヴイテックは赤字となった。
(損益そのものは、親会社からのVCMやエチレンの供給価格の決め方で変わる。
 大洋塩ビと新第一塩ビは親会社がVCMを供給。ヴイテックはVCM自製で、親会社からエチレンを購入。)

大洋塩ビは06/3に(2000年4月再出発後の)累積損失を一掃した。
新第一塩ビは05/1に60億円の減資を行なって(1999年の減資増資後の)累積損失を消したが、08/3で実質ベースでもほぼ累損を消した。
ヴイテックの累積損失は140億円となった。

 

3)PS、ABS

日本ポリスチレンは08/3で累積損失一掃。日本A&Lはまだ累積損失が残っている。

東洋スチレンとUMG ABS の決算は不明。 


* 総合目次、項目別目次は
   http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

  各記事の「その後」については、上記目次から入るバックナンバーに付記します。


|

« 韓国でタイヤメーカーが納品拒否、GM大宇が自動車生産停止 | トップページ | M&G、ブラジルのPETプラントを拡大、1系列で世界最大に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。