« 2008年3月期 注目会社決算 武田薬品工業 | トップページ | ダウのダイオキシン問題で異例の展開  »

2008年5月14日 (水)

2008年3月期 注目会社決算 石油化学各社

石油化学各社は原料価格高騰分をフルに価格転嫁できず、旭化成を除き、減益となっている。

今後更にナフサ価格の高騰が続けば、一層厳しくなる。

ーーー

三菱化学  2008/5/12記事参照 

ーーー 

住友化学

増収だが、損益面では石油化学部門の落ち込みが大きく、減益となった。

経常損益が652億円減益となったのに対し、当期損益が308億円の減に止まっているのは、特別損益にサウジのペトロラービグの新規株式公開に伴う持分変動利益288億円があったため。(住友化学とアラムコの出資比率はそれぞれ 50%から37.5%になる)

連結決算           単位:億円(配当:円)
  売上高 営業損益 経常損益 当期損益 年間配当
07/3  17,900  1,396  1,580   939   14
08/3  18,965  1,024   928   631   18
増減   1,065   -372   -652  -308    4
09/3予  20,800   950  1,000   550   18
増減   1,835   -74    72   -81    0

法人税法の改正に伴う影響:
  有形固定資産の減価償却方法の変更 営業損益 21億円減少
  償却済固定資産の備忘価額との差額を5年均等償却 営業損益 17億円減少

セグメント別営業損益は以下の通り(単位:億円)

  06/3 07/3 08/3 増減 増減理由
基礎化学   100   135   106   -29 原料価格高騰の影響固定費増
石油化学   179   236    45  -191 原料価格高騰、4年に一度の大型定期修繕の影響
精密化学    98   131   114   -17 原料価格高騰の影響
情報電子化学   217    35    63   28 偏光フィルム価格の大幅減(中間決算赤字)、生産能力の向上でカバー
農業化学   166   233   209   -23 住化武田農薬との統合に伴う一時的な費用の発生
医薬品   383   562   465   -98 研究開発費増大(来期も)*
その他    58    80    37   -43  
全社    7   -15   -15    0  
合計  1,208  1,396  1,024  -372  

* 大日本住友製薬 研究開発費
    2007/3    409億円
    2008/3    473億円(+64億円)
    2009/3予想 565億円(+92億円)
 

情報電子化学部門の2006/3月期からの損益の落ち込みは非常に大きい。

ーーー

三井化学

増収減益となった。

連結決算           単位:億円(配当:円)
  売上高 営業損益 経常損益 当期損益 年間配当
07/3  16,881   917   955   523   10
08/3  17,867   772   661   248   12
増減    986   -145   -293   -275    2
09/3予  19,000   660   640   290   13
増減   1,133   -112    -21    42    1

法人税法の改正に伴う影響:
  有形固定資産の減価償却方法の変更 営業損益 18億円減少
  償却済固定資産の備忘価額との差額を5年均等償却 営業損益 10億円減少
 
なお、同社は2006年3月期に建物を除き定率法に変更している。

セグメント別営業損益は以下の通り(単位:億円)

  2007/3 2008/3 増減 売価差 変動費差 差引 数量差 固定費差他
機能材料   259   359   100   299   -165   134   11    -45
先端化学品   117   108    -9    -4    -39   -43  -46    -12
基礎化学品   531   334  -197  1,059   -1,205  -146  -21    -30
その他    36    34    -2         -1    -1
全社   -26   -63   -37            -37
合計   917   772  -145  1,354  -1,409   -55   35   -125

 

なお特別損失は、
・固定資産整理損・売却損 54億円、
・関連事業損失等 32億円(
GEMPCなど)
・事業撤退損失 26億円(プラズマディスプレイパネル用光学フィルター事業終息)
・環境対策費用 117億円(
三西化学工業 農薬製剤工場跡地環境対策等)
などにより 244億円となっている。
(特別利益は 29億円)

ーーー

東ソー

増収減益となった。

連結決算           単位:億円(配当:円)
  売上高 営業損益 経常損益 当期損益 年間配当
07/3   7,813    603    580    285    8
08/3   8,274    591    525    252    8
増減    460    -12    -55    -33    0
09/3予   9,000    480    470    260    8
増減    726    -111    -55      8    0

法人税法の改正に伴う影響:
  有形固定資産の減価償却方法の変更 営業損益 15億円減少
  償却済固定資産の備忘価額との差額を5年均等償却 営業損益 34億円減少

セグメント別営業損益は以下の通り(単位:億円)

  2005/3 2006/3 2007/3 2008/3 増減
石油化学   107   128   140   150    10
基礎原料   204    56    61    27   -34
機能商品   227   266   372   380    9
サービス    30    24    30    34    4
合計   569   475   603   591   -12

オレフィン、PE、クロロプレンゴム等の石油化学部門は増益となったが、VCMやPVCが中心の基礎原料部門は減益となった。

基礎原料部門のうち自社分が19億円の悪化、関係会社分(大洋塩ビ等)が18億円の悪化(調整が+3億円)となっており、おそらくVCMとPVCがともに減益となっているとみられる。

同部門の最盛期(2005/3)からの損益の落ち込みは非常に大きい。

なお、同社は2009年3月期の営業損益を当期比 111億円減の 480億円とみている。

ーーー

旭化成

増収で、損益面ではほぼ前期並みとなった。

連結決算           単位:億円(配当:円)
  売上高 営業損益 経常損益 当期損益 年間配当
07/3  16,238   1,278   1,265    686    5
08/3  16,968   1,277   1,205    699    6
増減    730     -1    -61     14    1
09/3予  18,100   1,280   1,250    750    7
増減   1,132     3     45     51    1

法人税法の改正に伴う影響:
  有形固定資産の減価償却方法の変更 営業損益 21億円減少
  償却済固定資産の備忘価額との差額を5年均等償却 営業損益 19億円減少

セグメント別営業損益は以下の通り(単位:億円)

  2007/3 2008/3 増減 増減内訳 2009/3
予想
増減
数量差 売価差 コスト差
ケミカルズ    520    652    87    24   484   -422   600   -52
(Life & Living)    46
ホームズ    275    214   -61   -74   154   -141   260    46
ファーマ    139    127   -12    56   -16    -52   160    33
せんい    42    72    31    9    52    -30    60   -12
エレクトロニクス    226    222    -4    24   -55    27   205   -17
建材    50    28   -23   -23    5    -5    40    12
Service & Eng.    39    52    13    15   ー    -2    45    -7
全社    -58    -90   -32   ー   ー    -32   -90    0
合計  1,278  1,277    -1    31   625   -657  1,280    3

ケミカルズ:
<モノマー系事業>
 原燃料価格高騰の影響を受けたが、堅調な需要を背景に市況が高騰したアクリロニトリル(AN)などを中心に、前期比増収、増益となった。
<ポリマー系事業>
 合成ゴムなどが堅調に推移し前期比増収となったが、原燃料価格高騰の影響を受け、営業利益は前期並となった。
<高付加価値系事業>
 リチウムイオン2次電池用微多孔膜が旺盛な需要を背景に販売量を伸ばしたことや、イオン交換膜法食塩電解プラント及びイオン交換膜の販売が好調に推移したことなどから、前期比増収、増益となった。


* 総合目次、項目別目次は
   http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。


|

« 2008年3月期 注目会社決算 武田薬品工業 | トップページ | ダウのダイオキシン問題で異例の展開  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008年3月期 注目会社決算 武田薬品工業 | トップページ | ダウのダイオキシン問題で異例の展開  »