« ダウ、テキサスでのクロルアルカリ設備新設、シンテックとのVCM供給契約更新を発表 | トップページ | 2007年 合成樹脂 出荷実績 »

2008年2月 1日 (金)

三菱化学鹿島事業所 火災事故 その後(2)

三菱化学は1月25日、状況を発表した。

鹿島事業所においては、引き続き、関係諸官庁による火災発生原因の究明活動が行われております。また、原因究明中であるため、現在のところ、第2エチレンプラントの操業再開の目途は立っておりません。

  2007/12/24  三菱化学鹿島事業所 火災事故  

  2008/1/9   三菱化学鹿島事業所 火災事故 その後 

付記 2月1日発表

鹿島事業所においては、引き続き、関係諸官庁による火災発生原因の調査が行われております。したがいまして、現在のところ第2エチレンプラントの操業再開の目途は立っておりませんが、関係諸官庁よりご了解をいただき、発災箇所を除くプラントへの立ち入り及び検査を1月28日(月)から開始しております。

プラント再開は現地消防などの許可が必要。

付記  2月7日

三菱化学は2月7日、代表取締役常務執行役員(技術・生産センター長)の藤島治氏と執行役員(技術・生産センター鹿島事業所長)の鷲見富士雄氏が、事故の責任をとり、3月3日付けでそれぞれ代表取締役常務執行役員、執行役員を退任して顧問となり、鹿島事業所で発生した火災事故の原因究明等に従事する人事を発表した。

付記 2月15日  三菱化学鹿島事業所の事故で行政処分

三菱ケミカルホールディングスは1月31日、三菱化学の事故の今期業績への影響額を発表した。

営業利益  △ 100億円  (減産・減販及び代替品の調達による損失)
特別損失  △ 30億円  (事故に起因するプラント停止・低稼働に見合う固定費)
合計  △ 130億円  
  * 上記に対応する保険収入は、折り込まず              

同社はまた、第3四半期実績と事故の影響とを折り込み、平成20年3月期の連結業績予想の修正を発表した。

                                (単位:億円)
  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想 (A)  29,700   1,480   1,490    1,860
今回修正予想 (B)  29,400   1,230   1,260    1,610
増減 (B-A)   300   250   230    250
前期(平成19年3月期)実績  26,228   1,286   1,413    1,003

 

前回予想との対比は以下の通り。(単位:億円)

石化部門の営業損益は、事故の影響のほかに、110億円の利益減となっている。

          本年度予想     
2007/11 2008/1  増減 うち
事故影響
売上高 石化   14,600   14,300   -300    α
機能商品    9,400    9,300   -100  
ヘルスケア    4,000    4,000     0  
その他    1,700    1,800    100  
合計   29,700   29,400   - 300  
営業損益 石化     330     120   - 210    -100
機能商品     610     570    -40  
ヘルスケア     550     550     0  
その他     110     110     0  
コーポレート    -120    -120     0  
合計    1,480    1,230    -250   -100
経常損益      1,490    1,260    -230   -100
特別損益 田辺合併    1,131    1,131     0  
一般    -101    -211    -110    -30
合計    1,030     920    -110    -30
税引前利益      2,520    2,180    -340   -130
法人税等      -560    -480     80  
少数株主損益      -100     -90     10  
当期純利益      1,860    1,610    -250  

 

今回の見直し後も、前年比では当期純利益は大幅な増益となっている。
これは2007年10月1日の三菱ウェルファーマと田辺製薬の合併の影響が大きい。

営業損益・経常損益は、田辺製薬分の下期の売上が追加された分が石化のマイナスを一部補った。
特別損益では、田辺製薬合併による持分変動利益が 1,176億円あり、合併関連費用45億円を差し引いて、1,131億円の増益となっている。

    前年度
実績
本年度予想
2008/1
 増減 うち
ヘルスケア
売上高 石化   12,632   14,300   1,668  
機能商品    9,084    9,300    216  
ヘルスケア    3,047    4,000    953    953
その他    1,465    1,800    335  
合計   26,228   29,400   3,172    953
営業損益 石化     291     120    -171  
機能商品     584     570    -14  
ヘルスケア     396     550    154    154
その他     106     110     4  
コーポレート     -91    -120    -29  
合計    1,286    1,230    -56    154
経常損益      1,413    1,260    -153    154
特別損益 田辺合併      0    1,131   1,131   1,131
一般     -35    -211    -176  
合計     -35     920    955   1,131
税引前利益      1,378    2,180    802   1,285
法人税等      -334    -480    -146  
少数株主損益       -41     -90    -49  
当期純利益      1,003    1,610    607  

 


* 総合目次、項目別目次は
   http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。

 

|

« ダウ、テキサスでのクロルアルカリ設備新設、シンテックとのVCM供給契約更新を発表 | トップページ | 2007年 合成樹脂 出荷実績 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダウ、テキサスでのクロルアルカリ設備新設、シンテックとのVCM供給契約更新を発表 | トップページ | 2007年 合成樹脂 出荷実績 »