« インドのReliance とGAIL、共同で海外での石油化学事業を検討 | トップページ | LyondellBasell Industries 誕生 »

2007年12月23日 (日)

ダノンとワハハ、和解交渉へ

ダノンとワハハは12月21日、共同声明を出した。

中国政府とフランス政府の期待に沿い、両社は対立を終え、和平交渉に戻ることで合意した。一時的に全ての訴訟と仲裁を中断し、攻撃的な声明を止め、和平交渉のための友好的雰囲気を作る。
両社は対等と互恵の原則に基づき交渉を行い、小異を捨てて共通の場を求め、相互理解を行い、解決成功に向け努力する。ワハハブランドの全ての事業を更に発展させ、中仏友好を進め、両国の企業間の相互協力を推進する。

1126日、北京を訪問中のSarkozy大統領は胡錦濤国家主席との会談で、Wahaha Schneider問題を取りあげた。
大統領はこれらの問題が両国の支援の下で友好的に解決されることを希望すると述べ、胡錦濤主席も異論を唱えなかったという。

  2007/11/30 ダノンとワハハのその後 

12月10日、杭州調停委員会は決定を下した。
Wahaha ブランドをJVに移管する契約は終了しているというもので、また、Wahaha Group に商標移管契約を守れというDanone の要求は時効であるともした。

これを受けてか、ダノン側は12月14日、「もしワハハ側が再統一のための具体的な行動を示すなら、ダノン側は法的行為を中断する考えがある」との声明を出している。

また、ワハハ側はダノンが中国の他の食品関連企業と提携し、合弁事業の利益を損なっていると批判してきたが、ダノンは10月に中国乳業大手、光明乳業との資本・技術提携の解消を発表したのに続き、12月に入り、同じく乳業大手の中国蒙牛乳業との中国での乳製品分野での合弁事業を解消すると発表した。

 

参考

12月9日のNHKスペシャルでこの問題が取り上げられたが、この再放送が下記の通り行なわれる。

 2007年12月27日(木) 深夜【金曜午前】1時00分~1時49分 総合
   激流中国「訴えられたカリスマ経営者~追跡・ブランド騒動~」

 

ーーーー

* 総合目次、項目別目次は
   http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm にあります。
  

|

« インドのReliance とGAIL、共同で海外での石油化学事業を検討 | トップページ | LyondellBasell Industries 誕生 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。