« Dow、ブラジルでサトウキビからLDPE製造 | トップページ | Siemens、診断薬事業のDade Behring を買収、自動車部品のSiemens VDO Automotive を売却  »

2007年7月28日 (土)

中国でポリアセタール(POM) 計画相次ぐ

中国化工集団公司(ChemChina)の子会社 Blue Star (藍星グループ)は上海の浦東区Xinhuo 星火)開発地区段階に分けて合計20万トンのPOMプラントを建設する。子会社の上海藍星新材料(上海藍星)が運営する。

第一段階として上海藍星では既に12万トンの原料フォルムアルデヒドと 4万トンのPOM設備を建設中で、本年末までにスタートする予定。
本年5月には第二段階の6万トン計画を打ち上げ、政府の認可待ちとなっている。
将来の需要動向をみて第三段階の10万トンプラントを建設する計画で、同じサイトで合計能力を20万トンとする。

 

本年4月12日には、雲南省の云天化集団(Yuntianhua Group重慶市の重慶化学工業団地で最終6万トンのPOMプラントの鍬入れ式を行った。2万トンずつの3系列で、第一系列は2008年7月、第二、第三系列は2010年に完成する予定。

雲南省に本拠を置く同社は化学肥料(アンモニア58万トン、尿素76万トン、硫安13万トン、燐酸肥料200万トン)をメインの事業とし、ほかに有機化学品、ファイバーグラス、PVC(3万トン)、苛性ソーダ(3万トン)などを生産する。

同社は中国で最初のPOMメーカーで、2005年に雲南省昭通市Zhaotong)に12千トン能力でスタート、2006年に20千トン設備を追加し、既存能力は32千トンとなっている。

 

中国では日系の2社の工場が完成し、生産を行っている。

宝泰菱工程塑料(南通)有限公司〔PTM Engineering Plastics(Nantong)〕は2001年12月24日に設立された。
出資はポリプラスチックスが70.1%、ほかに三菱ガス化学、韓国Engineering Plastics、Ticonaが合計29.9%。
江蘇省南通市に60千トンの工場を2004年末に完成、2005年10月から商業運転を行っている。

ポリプラスチックスはダイセル55%、セラニーズのエンプラ事業子会社 Ticona が45%出資
 (ダイセルは発表していないが、同社がポリプラスチックを100%子会社化する意向との報道がある。)
韓国エンジニアリングプラスチックスはセラニーズ/三菱ガス化学/三菱商事のJV 
三菱ガス化学の実質出資比率は23%となる。

杜邦-旭化成ポリアセタール(張家港)有限公司〔Asahi-DuPont POM (Zhangjiagang)〕は2002年8月8日の設立で、旭化成ケミカルズDuPont の50/50JV

江蘇省張家港市に第1期 20千トンを稼動させており、将来は 60千トンまで拡大する予定。
国内はJVが販売し、海外は両親会社が販売する。

ーーー

以上をまとめると、次の通りとなる。(単位:千トン)

  現状  将来
云天化集団 雲南省昭通市  32  32
重慶市    60(20x3)
宝泰菱工程塑料(南通) 江蘇省南通市  60  60
杜邦-旭化成ポリアセタール(張家港) 江蘇省張家港市  20  60
上海藍星新材料 上海市浦東区    40+60+100


中国の最近のPOMの需給は下記の通り(単位:千トン)で、
今後はネット輸入量は減少する見込み。

  Production Import Export Consumption
2005 29 172 21.3 179.7
2006 85 (estimate) 172 32.5 224.5


* バックナンバー、総合目次は http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm

|

« Dow、ブラジルでサトウキビからLDPE製造 | トップページ | Siemens、診断薬事業のDade Behring を買収、自動車部品のSiemens VDO Automotive を売却  »

コメント

 ダイセルのサステナブル世界戦略はすごいですね。自己潤滑性の専門家を雇い入れ、ポリプラスチックスを100%の子会社化するなんて。

投稿: ものづくり | 2021年9月 8日 (水) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dow、ブラジルでサトウキビからLDPE製造 | トップページ | Siemens、診断薬事業のDade Behring を買収、自動車部品のSiemens VDO Automotive を売却  »