« BASFとモンサント、バイオテクノロジーで提携 | トップページ | ニュースのその後 公取委ガイドライン、Styrindo Mono Indonesia  »

2007年3月30日 (金)

デュポンの部門別損益

海外の各社のAnnual Report が順次発表されている。

DuPont の部門別営業損益(PTOIpre-tax operating income)で不思議なことを見つけた。

DuPont200110月に医薬部門をBristol-Myers Squibb 78億ドルで却している。
しかし部門別PTOI (特別損益を除く)で「医薬部門」で多額の益が出ている。(単位:百万ドル)

1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006
 263  133   58  468  548  681  751  819

Dupontptoi

* Textiles & Interiors 部門のINVISTA 2004年にKoch Industries に売却

DuPont 1950年代終りから医薬品開発に注力したが、新規製品の登録取得・販売の能力がなかった。
1969年にEndo Laboratories を買収して血液溶剤Coumadin(R)を上市したが、業績には寄与しなかった。

1991年にMerck との50/50JVDuPont Merck Pharmaceutical を設立し、勢いがついた。パーキンソン病の薬Sinemet(R)、心臓画像診断剤Cardiolite(R)、抗高血圧薬のCozaar(R)Cozaarチアジド系利尿剤 との合剤 Hyzaar(R)などが上市された。
Cozaar Hyzaar Merckで販売された。

1998年にDuPont はDuPont MerckのMerck 持分を買収し、同社をDuPont Pharmaceuticals と改称した。その後、ヒト免疫不全ウィルス(HIV)用の薬としてSustiva (R) が上市された。

しかし、DuPont の力をもっても医薬事業で生き抜くのは難しかった。
1999年から2000年に営業利益が半減しているが、これは販売減と、研究開発費・販売費の増大によるものである。

2001年、同社は世界の事業の構造改革を実施した。4月に競争力を失ってきたポリエステルおよびナイロン工場の閉鎖を発表、3カ月後にはポリエステル事業の一部を売却した。
同年6月、
DuPont PharmaceuticalsBristol-Myers Squibbに売却するという決断をした。医薬品事業に必要な巨額投資は、同社にとっても、あまりにリスキーだったからである。

売却額は78億ドルで、税引き後利益は38億6,600万ドルである。
但し、条件として、
Cozaar Hyzaar の権利は DuPont が維持し、Merckにライセンスした。
現在の「医薬部門」の利益はこの特許料である。

多額の研究開発費・販売費を投じて事業を続けるよりも、過去の成功品のライセンス料の方がはるかに利益が大きいという実態は、医薬事業の難しさを表している。

|

« BASFとモンサント、バイオテクノロジーで提携 | トップページ | ニュースのその後 公取委ガイドライン、Styrindo Mono Indonesia  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BASFとモンサント、バイオテクノロジーで提携 | トップページ | ニュースのその後 公取委ガイドライン、Styrindo Mono Indonesia  »