« 産業再生機構 解散 | トップページ | OPEC総会、生産量維持を決定 »

2007年3月16日 (金)

PetroChina、中国南西部の開発進める

20061230日に広西壮族(チワン族)自治区欽洲市でPetroChina広西石油化学」の10百万トンの製油所の鍬入れ式が行われた。
本事業はPetroChinaとSinopecの初の共同事業で、PetroChinaが70%、Sinopecが30%の出資比率となっている。

 2007/1/17 
PetroChina Sinopec の初の合弁製油所が着工」 
   

中国南西部の四川省, 雲南省, 貴州省, 重慶市、広西壮族自治区では市場が拡大しており、石油製品の不足が生じている。Petrochinasouthwest_2

中国ではPetroChinaとSinopecが石油・石化で覇権を争っているが、南西部はもともとSinopecの本拠で、PetroChinaにとって最初の進出となる。

ーーー

PetroChinaは7日、四川省成都市に製油所とエチレンプラントを建設する基本契約を省政府と締結した。
能力は製油所が10百万トン、エチレンが80万トンで、2010年稼動を目指す。
完成すれば中国南西部で供給不足となっているポリエチレンやエチレングリコールを供給できるとしている。

エチレンプラントについては既にNDRCの承認を得ている。
具体的には
四川省成都市の北西約40kmの彭州にエチレン80万トンと誘導品を建設するもので、PetroChina が51%、成都市が49%出資し、投資額は約25億ドルとなっている。
この時点では、原料ナフサは甘粛省、
陜西省の同社の製油所から列車で輸送するとしていた。

製油所の承認はこれからである。

ーーー

PetroChinaはまた陝西省で26億ドルを投じて、100万トンのエチレンを建設する計画を持っている。

ーーー

PetroChinaは昨年、785百万バレル(前年比4.3%増)の原油を処理し、207万トン(同9.5%増)のエチレンを生産した。
同社の親会社のCNPCでは
今後5年間で石油精製と石油化学に 230億ドルを投資するとしている。

|

« 産業再生機構 解散 | トップページ | OPEC総会、生産量維持を決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 産業再生機構 解散 | トップページ | OPEC総会、生産量維持を決定 »