« GE Plastics、中国のPC計画延期  | トップページ | 中国のPTAと原料パラキシレンの状況 »

2007年2月14日 (水)

バイエル、上海のTDI計画の能力拡大

バイエル・マテリアルサイエンスは上海ケミカルパークで16万トンのTDIを建設する計画であったが、新製法を採用し、30万トン能力にすると発表した。予定通り2009年完成を目指す。   
  
2006/12/20 Bayer、MDI 能力 約110万トンに

同社では張り椅子、マットレス、自動車シートなどの強い需要により世界のTDI需要は年率4%で増加するとみており、上海計画をこれに対処するため世界の製造ネットワークの拡張の一環としている。   

採用するのは同社が開発した「Gas Phase Phosgenation」プロセスで、ドイツのDormagen3万トンのパイロットプラントで実績を積んできた。安全性と溶剤大幅減に特徴があり、従来法と比較して40%のエネルギー節約、相当するコスト減、環境インパクト減となる。投資額も従来法と比べ20%減となる。   

同社は上海でMDI 35万トンも建設しており、2008年完成予定。 

同社はまた、上海Polymer Research & Development Center の中にポリウレタンのスプレイ・システム技術を展示する Spray competency center を設立すると発表した。

 

なお、中国ではBASFが Huntsman 及び中国側とのJVで上海にイソシアネート・コンプレックスを建設している。
  
2006/11/27 BASFとダウ、欧州で共同でTDIプラント建設のFS実施」 

 

|

« GE Plastics、中国のPC計画延期  | トップページ | 中国のPTAと原料パラキシレンの状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GE Plastics、中国のPC計画延期  | トップページ | 中国のPTAと原料パラキシレンの状況 »