« バイエル、上海のTDI計画の能力拡大 | トップページ | 旭硝子決算 »

2007年2月15日 (木)

中国のPTAと原料パラキシレンの状況

2006/4/17 「高純度テレフタル酸(PTA)の大増設」で、「中国では年率10%の成長が見込まれている。しかし、こんなに増設して大丈夫であろうか。これもバブルではないのだろうか。」とした。

これは中国からの下記の情報(2005/6時点 単位:千トン)に基づくもので、各社別増産計画の表も添付している。

  生産 輸入 能力 需要
2004   4,600   5,700   6,000   10,300
2005   5,600   6,700   7,200   12,100
         
2007   14,000   1,300   18,400   15,300

 

しかしながら現在の状況は下記の通りとなっている。

  生産 輸入 能力 需要
2005   5,560   6,490   6,600   12,050
2006   6,400   7,000   8,800   13,400
2007   9,000   6,000   12,700   15,000

現在の2007年予想では、需要はほぼ当たっているが、能力と生産が大きく下回っており、その結果、輸入量は減少していない。これは、環境問題や資金不足で、かなりの計画が延期されたり、建設が遅れているためである。
また、原料のパラキシレン不足もPTA計画の遅れの理由となっている。

PXについては下記の通り、600万トンの新増設が承認されており、これらが完成するとネックではなくなる。
遅れていた新増設計画も順次完成し、今後数年で供給過剰となることが予想される。

1月28日、浙江華聯サンシャイン石化(Hualian Sunshine PetroChemical Co. )の3基目の60万トンPTAプラントが浙江省紹興市で試運転を開始した。間もなく商業運転開始の予定。
2005年4月に最初の60万トンプラント、昨年10月に第2基60万トンがスタートしており、合計能力はこれで180万トンとなり、中国最大のPTAメーカーとなった。第1基はEastman技術を採用したが、第2基、第3基はInvista法を採用している。

中国のPTAの上位10社(2月1日現在)とその増設計画は以下の通り。(単位:千トン)

  立地 能力 増設計画 備考
Hualian Sunshine 浙江省紹興   1,800   Union Holdings group
Xianglu Petrochem 福建省廈門   1,500   1,500 台湾 Dragon group
PXはDragon Aromaticsが建設中
Sinopec Yangzi Petrochem 江蘇省南京   1,050    
Sinopec Yizheng Chemical Fiber 江蘇省儀征    950    900  
Yisheng Petrochem 浙江省寧波    660    650 既存分はデボトルで600→660
Yisheng Dahua 遼寧省大連      500 Yishengと大化集団とのJV
PXは
大連福佳大化石油化工
Oriental Petrochemical 上海    600   台湾 Far Eastern Group
寧波三菱化学 浙江省寧波    600    
BP Zhuhai Chemical 広東省珠海    500    900 既存は公称350、実質500
Sinopec Shanghai Petrochem 上海    500    
Sinopec Luoyang Petrochem 河南省洛陽    350    

このほかにも多数の新設計画がある。

ーーー

中国のPXの需給は以下の通り。(千トン)

  生産 輸入 輸出 能力 需要
2005   2,240   1,610     60   2,880   3,790
2006   2,620   1,840    100   3,830   4,360
2007   3,500   2,700     50   4,430   6,150

2006年の輸入量1,840千トンのうち、日本からの輸入は856千トンで47%、韓国からは770千トンで42%を占めている。

中国のPX メーカーと能力は以下の通り。(2007/1/1現在、単位千トン)

メーカー 立地 能力
Sinopec 揚子石油化学 江蘇省南京    800
青島麗東石油化学 山東省青島    700
PetroChina 遼陽石化化繊 遼寧省遼陽    700
Sinopec鎮海煉油化工 浙江省寧波    650
Sinopec 天津石油化学 天津    390
Sinopec 上海石油化学 上海    250
Sinopec 洛陽石油化学 河南省洛陽    215
Sinopec 斉魯石油化工 山東省Zibo    65
PetroChina ウルムチ石油化学 新疆ウイグル自治区ウルムチ    60
Total    3,830

 青島麗東石油化学は韓国のGS Aromatics 60%、オマーン石油 30%Red Star Chemical Group 10%のJV。
   
2006/11/3 韓国GSグループの山東省パラキシレン工場、近く商業生産開始
    

PTA/PET業界の急成長に伴う原料PX不足に対応するため、中国政府は6つの大規模PXプラントの新設と、4つの増設計画を承認している。ウルムチ石油化学は増設で一気に100万トン体制となる。

新設の一つは最近、中国政府が承認したSinopec/ExxonMobil/SaudiAramco 合弁の福建石油化学のPX計画で、福建省泉州市の80万トンエチレンに隣接し、投資額485百万ドルで、能力は70万トン。昨年末に建設を開始したエチレンと同じく 2009年初めに完成する予定。

PX新増設計画(単位:千トン)

  社名 立地 能力
新設 Fujian Petrochemical 福建省泉州    700
Jinling Petrochemical 江蘇省南京   600
Maoming Petrochemical 広東省茂名   600
Dalian Fujia Dahua Petrochemical
 大連福佳
大化石油化工
遼寧省大連   450
中国海洋石油(CNOOC) 広東省恵州   800
Dragon Aromatics 福建省厦門   800
合計    3,950
増設 ウルムチ石油化学     930
天津石油化学、揚子石油化学、上海石油化学     900
合計    1,830
総合計    5,780

Dragon Aromaticsは台湾系で、PXは子会社Xianglu Petrochemical のPTA150万トン増設に合わせ建設する。
 
2006/7/31 「台湾資本のDragon Group福建省廈門でPXからPETまで一貫生産へ 

上記増設のうち、2007年に稼動するのはMaoming Petrochemical の600千トンだけのため、2007年はまだ2,700千トンの輸入が必要だが、これらが順次完成すれば、今後PTAが増設されてもPXの輸入は不要となるだろう。


本日でブログ開設1周年を迎えました。読者数も増えてきました。ご愛読を感謝します。

ご意見、ご質問を頂ければ幸甚です。
こんなトピックスを取り上げて欲しいとの注文でも結構です。

記事のあとの
  2007年2月xx日 
| コメント (0) | トラックバック (0) 
の「コメント」をクリックしてください。記事の下にコメント記入欄が出るので、そこに記入して「送信」をクリックするだけです。
匿名で結構です。

ブログ掲載を避けたい方は、直接下記にメールをお願いします。
knak@js2.so-net.ne.jp

 

なお、バックナンバーは以下でも読めます。
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/blog/zenpan-1.htm

 

 

 

|

« バイエル、上海のTDI計画の能力拡大 | トップページ | 旭硝子決算 »

コメント

中国浙江省寧波市でPX工場に反対する市民の抗議が続き、警察や軍の鎮圧で死者も出ている、というニュースを毎日追いかけています。
http://www.ntdtv.com/xtr/gb/index.html
こちらの記事、たいへん参考になりました。ありがとうございました。

投稿: よう | 2012年10月31日 (水) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイエル、上海のTDI計画の能力拡大 | トップページ | 旭硝子決算 »