« インドネシア「ツバン計画」をめぐる動き | トップページ | ダウ、PSとPP事業のJV化を検討 »

2007年2月 2日 (金)

2006年 中国の樹脂輸入量減少

中国の2006年の輸入通関統計が発表されたが、ほとんどの樹脂で前年を下回る結果となった。

1)LDPE (2002年まではLLDPEとの区分なし)

Chinald_1 

Chinaldll_1 

これまで、LDPEは毎年減少していたが、LLDPEは増加し、2005年は合計量で大幅増となっていた。しかし、2006年はLLDPEも減少し、合計では2004年をも若干下回った。
日本品の比率は少ない。

2)HDPE

Chinahd

HDPEも2005年を若干下回った。日本品比率は小さい。

3)PP

Chinapp

PPも同様である。

4)PS

Chinaps

2002年を境に毎年減少している。

なお、PSは2001年2月に日本、韓国、タイ品がダンピングで調査が開始され、2001年12月にシロとなった。
日本品は2004年秋から輸出が急減している。

5)ABS

Chinaabs

ABSのみ前年を若干上回った。
日本品の比率は小さい。

6)PVC

Chinapvc_1

Chinapvcexp_1

2001年をトップに2004年までは160万トンを上回っていたが、2005年、2006年と急減した。他方、中国品の輸出は2005年10月から本格化し、2006年は46万トンに達した。

なお、日本、韓国、米国、ロシア、台湾品に関して2002年3月にダンピング調査が開始され、2003年9月にクロの最終決定が下された。
その中で日本品の輸入が依然として変わらないのは、ほとんどが保税加工でダンピング税の影響を受けないため。
(このほか、ペーストはダンピング課税対象外)

|

« インドネシア「ツバン計画」をめぐる動き | トップページ | ダウ、PSとPP事業のJV化を検討 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。