« 中国、法人所得税率を統一、一律25%へ | トップページ | 日本の化学業界  回顧と展望 »

2006年12月29日 (金)

中国、イランとLNGで提携 

中国海洋石油総公司(CNOOC)はこのほどイランと、総額160億ドルに上る液化天然ガス事業の協力了解覚書に調印した。
CNOOCは
North Pars ガス田を開発し、LNGの輸送施設を建設、生産量の半分を中国に輸入する。

North Parsガス田はSouth Parsガス田に次ぐイラン第2のガス田プロジェクト
同プロジェクトは期間
8年で、全体を4つの時期に分けて進められる。
海洋石油はLNGの生産工場建設、輸送、販売を担当し、イラン側は今後
25年にわたり海洋石油にLNGを提供する。Southpars_1


一方、
中国石油天然ガス(CNPC:PetroChina) も11月28日、イランの国営ガス輸出会社(NIGEC) との間で、South Pars ガス田のLNGを2011年から年間300万トン、25年間にわたり輸入する契約を締結した。価格は原油価格にスライドして決められる。

South Pars海上ガス田はカタールのNorth Field と接しており、現在は1.3 億立方メートルの天然ガスが生産されている。更に、NIOC 50%、フランスのTotal 30%、マレーシアのPetronas 20%のPars LNG 計画」、NIOC 100% のNIOC LNG計画」、NIOC/Shell/Repsol-YPC のPersian LNG計画」、NIOC/BP/インドRelianceの「Iran LNG計画」などが計画されている。Pars LNG 計画」は年産800万トンで、Total は2011年スタートを発表している。

イラン政府と中国政府は2004年10月に、石油・天然ガス分野での協力に関する覚書(MOU)を締結している。
LNGパッケージ取引」の形態をとっており、内容は以下の通り。
Sinopecは、イラン産LNG25年間にわたり年間1,000万トン購入する。
② イランはこれの見返りとして、
Sinopecに対し、Yadavaran油田開発プロジェクトへの事業参加権を付与する。
  同油田の開発完了後
25年間にわたり、同油田産出原油のうち15b/dを優先的に販売する。
③ イランと中国は、
Bandar Abbas地域にコンデンセート製油所(精製能力3035b/d)を建設することに合意する。
  投資規模は
15億ドル、建設期間は約3年間。

 

なお、イラン政府はインドともLNG供給の合意をしている。
2005年1月に両国政府が契約を締結したもので、イランは年間750万トンのLNGを25年間供給する。イラン政府はまた、インドに
Yadavaran 油田開発の20%の権利を与えた。

|

« 中国、法人所得税率を統一、一律25%へ | トップページ | 日本の化学業界  回顧と展望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国、法人所得税率を統一、一律25%へ | トップページ | 日本の化学業界  回顧と展望 »