« 中国、有害廃棄物輸入で海外企業を処分 | トップページ | ババリア・エチレンパイプライン建設補助金承認 »

2006年10月26日 (木)

信越化学 中間決算好調

信越化学は23日、中間決算を発表した。

連結売上高が前年同期比19.4%増の6,390億円、営業利益と経常利益は同33%増の1,200億円、当期純利益は同34.7%増の749億円といずれも大幅増加した。
国内の半導体シリコン製造設備の減価償却(定率法)の
耐用年数を、従来の5年から3年に短縮している。(短縮による償却費増は半年で70億円)

3月期決算でも増収、増益、増配を予想している。
但し来年の業績見通しについては、金川千尋社長は、「米国の景気が建設、自動車など下降気味なので楽観できない。今年と横ばいならいい方だと思う」と語っている。

 

信越化学決算推移         単位:百万円(配当:円)

  売上高 営業損益 経常損益 当期損益 配当
連結 単独 連結  単独  連結 単独  連結  単独  中間 期末
05/9  535,103  276,079   90,291   35,611   90,037   36,027   55,611   22,787  17.5  ー
06/9  639,049  334,650  120,024   40,243  120,043   39,711   74,932   25,311  25.0  ー
                     
03/3  797,523  480,243  122,149   62,014  122,119   62,011   73,015   37,028   7.0   7.0
04/3  832,804  482,580  125,625   56,073  125,612   58,065   74,805   34,725   8.0   8.0
05/3  967,486  520,289  151,734   63,081  151,503   62,030   93,160   39,020  10.0  10.0
06/3 1,127,915  582,426  185,320   73,685  185,040   72,115  115,045   45,065  17.5  17.5
07/3 1,290,000  690,000  241,000   80,000  241,000   80,000  150,000   50,000  25.0  25.0

 

セグメント別営業損益と概況  (単位:億円) 

各分野ともに好調。

  05/9中間 06/9中間
塩ビ系 182 245
シリコーン系 193 200
その他有機・無機 94 106
有機・無機化学品計 469 551
半導体シリコン     258     421
その他      57      84
電子材料計 315 505
機能材料ほか 120 143
全社 -1 1
営業損益計 903 1,200

1)有機・無機化学品 Shinetusegeigyo_2

●塩ビ                               
 米国シンテック社が、北米市場を中心に需要が旺盛で、売値も高水準で推移したことから、増収増益になった。   
 オランダのシンエツPVC社は、欧州全体の需要に支えられ、売上と利益を順調に伸ばした。               
 国内事業は、中国向け輸出の採算悪化により営業利益は減少した。

【シンテック業績】  

  売上高  経常利益 当期純利益
2005/6中間  1,058億円   170億円   112億円
2006/6中間  1,303億円   251億円   168億円
       
2003/12月期  1,671億円   238億円   155億円
2004/12月期  1,971億円   271億円   179億円
2005/12月期  2,330億円   373億円   248億円

●シリコーン
 中国・米国向け輸出が総じて順調であったことに加え、国内販売が堅調に推移し、増収増益となった。
 信越ポリマー㈱の携帯電話用キーパッドなどの加工製品も好調だった。

●その他有機・無機
 セルロースは国内が医薬品向けを中心に堅調に推移したほか、ドイツのSEタイローズ社も建材向けの販売が好調だった。
 酢ビ・PVAの日本酢ビ・ポバール㈱の出荷も好調だった。

2)電子材料事業
●半導体シリコン
 携帯電話、パソコン、デジタル家電、自動車など幅広い分野でデバイス需要が伸びるなか、300mmウエハーでは、需要の拡大を的確に捉えながら、複数の拠点で製造能力の増強を行い、拡大が続く需要に対応した。
 200mmウエハーの需要も高水準で推移した結果、半導体シリコンは大幅な増収・増益となった。
 
 当中間期において、国内の半導体シリコン製造設備の減価償却(定率法)の
耐用年数を、従来の5年から3年に短縮した。(短縮による償却費増;70億円/半年)

●その他
 電子産業用希土類磁石はデスクトップパソコン、サーバー、映像記録機器用途等のハードディスクドライブ向けが好調。
 半導体用フォトレジストは、先端デバイス向けに本格採用が始まったArFレジストが好調。

3)機能材料その他
●合成石英
 液晶用大型マスク基板は、当後半に調整局面を迎えたが、光ファイバー用プリフォームは需要の回復の兆しが見られたことから、合成石英製品は増収増益となった。

●希土類磁石他機能材料
 希土類磁石は自動車、デジタル家電など多くの分野で採用が進み堅調に推移、液状フッ素エラストマーやペリクルも好調に推移。

ーーー

同社は中間配当を前年の17.5円から25円に増やした。年間(予想)では昨年の35円から50円にする。一昨年が20円であったので2年で2.5倍になる。
医薬業界では武田薬品が今期中間60円、年間120円を予定している。

Shinetuhaito

 

|

« 中国、有害廃棄物輸入で海外企業を処分 | トップページ | ババリア・エチレンパイプライン建設補助金承認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国、有害廃棄物輸入で海外企業を処分 | トップページ | ババリア・エチレンパイプライン建設補助金承認 »