« 韓国企業、円安ウォン高で悲鳴 | トップページ | デュポン、持続可能性について新たな公約を発表 »

2006年10月16日 (月)

Eastman、ポリエチレン事業をWestlakeに売却

Eastman とWestlake Chemical は10日、Eastman がポリエチレン事業をWestlake Chemical に売却することで合意したと発表した。売却するのはポリエチレン事業、Epolene polymer ポリオレフィンワックス:接着剤、コーティング材料)事業とエチレンパイプラインで、売却額は255百万ドル。この事業の2005年の売上高は約680百万ドル。

Eastman としては、ポリエチレン事業そのものは順調だが、原料エチレン設備が古く競争力がないため、エチレンに強い相手に売却するとともに、老朽エチレン設備の廃棄でコスト競争力を高め、他のエチレン誘導品の維持を図るとしている。Eastmanwestlake


売却するのはテキサス州 Longview
ダラス東方のポリエチレン工場LDPE 320千トン、LLDPE 190千トンとポリオレフィンワックス工場、及びLongview とMont Belvieuヒューストン近郊との 間の200マイルのエチレンパイプライン。

Westlakeはルイジアナ州 Lake Charles
近郊のWestlakeLDPE 390千トン、LLDPE 250千トンの合計640千トンをもっており、今回の買収により合計能力は 1,150千トンとなる。Westlakeはまた、アクリレートコポリマーやEpolene polymerLLDPEEnergx などの技術も取得する。

工場は引き続き Eastman が操業を受託する。

Westlakeではこの取得により北米のポリエチレン市場での力を強化するものとしている。

Eastman のLongview 工場のエチレン能力は4プラント合計780千トンで、2007年から順次、老朽化した3プラントを廃棄する。残る1プラントの能力は359千トン。

Westlake Chemical は台湾資本で、ルイジアナ州にエチレン109万トンのほか、LDPE、LLDPE、SMを、またケンタッキー州にエチレン、塩素、VCM、PVCを、ルイジアナ州Geismarには破産したBorden Chemicals and Plastics から買収したVCM、PVCプラントを持っている。

2006/9/16 「Westlake Chemical、20周年」 参照



|

« 韓国企業、円安ウォン高で悲鳴 | トップページ | デュポン、持続可能性について新たな公約を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国企業、円安ウォン高で悲鳴 | トップページ | デュポン、持続可能性について新たな公約を発表 »