« デュポン、持続可能性について新たな公約を発表 | トップページ | シノペック茂名石化、新エチレンクラッカー稼動 »

2006年10月18日 (水)

Akzo Nobel、寧波化学産業区に新立地

Akzo Nobel は12日、中国寧波市の鎮海地区にある寧波化学産業区との間で工場新設の覚書を締結した。Akzo Nobel としては世界最大の50ヘクタールの土地を確保した。Zrcc

詳細は来年はじめに発表するが、エチレンアミンやキレート剤、有機過酸化物等を生産する。

同社は寧波にポリマー化触媒とパウダーコーティングの2工場を持っているほか、寧波化学産業区にはシノペック鎮海煉油化工が年産100万トンのエチレンクラッカーを建設中で、いろいろの原料を入手しやすいことから同地を選択した。

 

オランダの化学大手アクゾノーベルは、オランダの化学・医薬品のアクゾ1886年設立)とスウェーデンの化学大手ノーベル1871年設立)が1994年に合併して誕生した。

事業部門はコーティング、化学、医薬品の3事業体制で、世界60ヵ国以上で事業展開している。コーティング事業では世界最大手である。

2004年事業部門別売上シェア
  コーティング 41%、化学 34%、医薬品 25%

地域別では、ユーロ圏 38%、その他欧州 20%、北米 19%、アジア 12%、その他 11%と、欧州が圧倒的な主力市場であるが、中国を世界で最も重要な急成長市場として位置づけ、同社の成長計画の中で主導的な役割を果たすとしている。同社では2010年までに中国での売上高10億ドルにするとしている。

同社の中国での活動は以下の通り。

 従業員数  約3,700人
 売上高(2004年) 6億5,500万ドル
  うちコーティング 66%
    化学     
 27%
     医薬品     6%

コーティング事業

製品部門   工場
Akzo Nobel Car Refinishes 修理工場向け自動車塗料、その他  蘇州
Casco(Akzo Nobel Industrial Products 接着剤  
Akzo Nobel Changcheng Powder Coating Powder Coating 蘇州、北京、深セン、廊坊、寧波
Akzo Nobel Decorative Coatings 内装、外装用化粧塗料 蘇州
Akzo Nobel Marine Coatings 船舶用コーティング剤 上海浦東
Akzo Nobel Protecitive Coatings 保護コーティング剤(建造物 上海浦東
Akzo Nobel Wood Coatings 木製家具用コーティング剤 東莞、天津、嘉興
Akzo Nobel Coil Coatings 鉄鋼用コーティング剤(下塗り済み) 蘇州
Akzo Nobel Non-Stick Coatings ライパン、調理器具用 非接着性コーティング剤 東莞、天津

  2005年9月、エマルジョンペンキ最大手の広州のGuangzhou Toide Paint Manufacturing との間で、
  同社のコーティング事業の買収で合意

化学事業

製品部門 内容 工場
Akzo Nobel Polymer Chemical   有機過酸化物、金属製アルキレート、ポリマー化触媒   天津(2工場)、寧波 
Eka Chemicals   パルプ、製紙用化学製品  蘇州、封開 
Akzo Nobel Functional Chemicals MCA  モノアセチンクロロ酸  泰興 
Akzo Nobel Functional Chemials CC   クロリンクロライド(家畜飼料用ビタミン添加剤)  宣興 
Akzo Nobel Resins   自動車向けOEM コーティング用合成樹脂  蘇州 

医薬品

1992年に Nanjing Organon Pharmaceuticalを設立。経口避妊薬が好調。


参考資料
JETRO 2006/5 「欧州企業の中国戦略」
 
http://www.jetro.go.jp/news/releases/20060517405-news/05001227_001_BUP_0.pdf

|

« デュポン、持続可能性について新たな公約を発表 | トップページ | シノペック茂名石化、新エチレンクラッカー稼動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デュポン、持続可能性について新たな公約を発表 | トップページ | シノペック茂名石化、新エチレンクラッカー稼動 »