« 事業統合会社の2005年度決算 | トップページ | 中国政府、石炭化学を規制 »

2006年7月20日 (木)

イラン、地方での石油化学推進

イランの石油化学はBandar Imam のPetrochemical Special Economic Zone と Assaluyeh のPars Special Economic Zone を中心に展開されている。
(現状は 
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/ichiran/iran/index.html 参照) 

National Petrochemical Company (NPC) は2004年に、西部地方の経済発展を図るという政府の方針の下で、両Special Economic Zone から総延長2,285kmのエチレンパイプラインを西部国境沿いに建設した。年間280万トンのエチレンを北部に輸送、現在沿線の10箇所で石化プラントを建設しており、更に5箇所を検討中である。

立地 社名 製品
Mahabad Mahabad Petrochemical LLDPE/HDPE 300,000t/yButene-1 30,000t/y
Miyandoab Miyandoab Petrochemical Co. PVC 300,000t/y、苛性ソーダ190,000t/y
Sanandaj Kordestan Petrochemical LDPE 300,000t/y
Hamedan Hamedan Petrochemical Co. VAM 140,000 t/y、EVA 45,000 t/y
Kermanshah Kermanshah Polymer Company HDPE 300,000t/y
Khoramabad Lorestan Petrochemical LLDPE/HDPE 300,000t/yButene-1 30,000t/y
Andimeshk Andimeshk Petrochemical Co HDPE 300,000 t/y
Chaharmahal-va-Bakhtiyari Charmahal-va-Bakhtiari Petrochemical Co lldPE/hdPE  300,000 t/y
Dehdashtt Dehdasht Petrochemical Co. HDPE 250,000 t/y
Gachsaran Gachsaran Petrochemical EG/EO

検討中:Dehdasht, Andimeshk, Hamedan and Miandoab.

Iranmap2

これに加えて、NPCでは最近、東北部と東部に2本のガスパイプライン建設を検討していることを明らかにした。

一つはAssauyeh から東北部の Khorasan 州へガスを輸送するパイプラインで、沿線に Gas-to-Liquids (GTL) や肥料等を含むいくつかの石化プラントを建設する。

もう一つは東部のSistan and Baluchestan 州にある港市のチャーバハル(Chabahar)へのパイプラインである。チャーバハルはオマーン海に面した自由貿易港で、アジアに最も近い場所にある。現在、2008年の新しい国際ターミナル完成を目指して港の大拡張を行っている。

NPCではここで大規模な一連の投資を行う構想をたてている。

 

|

« 事業統合会社の2005年度決算 | トップページ | 中国政府、石炭化学を規制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事業統合会社の2005年度決算 | トップページ | 中国政府、石炭化学を規制 »