« 韓国と米国の自由貿易協定交渉、医薬品問題で決裂 | トップページ | 独占禁止法に関する論点整理 »

2006年7月24日 (月)

イスラエルのCarmel Olefins、戦闘激化で操業停止

Haifa イスラエル北部でイスラエル軍とヒズボラの戦闘が激しくなっているが、イスラエル北部のハイファ(添付地図)にあるイスラエル唯一のエチレン・ポリオレフィンメーカーのCarmel Olefins が操業を停止した。プラントはヒズボラのカチューシャロケット攻撃を受けているハイファの湾岸地区にある。

操業停止命令はイスラエル軍の民間防衛軍から出された。防衛軍はまた、同社などに在庫を最低限にするよう指示している。

Carmel Olefins 1991年に、イスラエル政府が出資する石油精製会社 Oil Refineries Ltd.の所有するエチレン設備と、Israel Petrochemical Enterprises Ltd.(IPE)のポリエチレン設備を統合して両社の50/50JVとして設立された。IPEは持株会社となった。

同社の現在の能力は、エチレン 185千トン、LDPE 165千トン、PP 205千トンで、他にコンパウンドを生産している。

2004年に同社と両株主とは同社の250百万ドルの増強計画を承認した。
内容は以下の通り。
・クラッカー増強によりエチレン能力を240千トンにアップ
・新しく
Olefins Conversion Unit を設置し、プロピレン150千トンを生産
・PPを1系列新設し、能力を倍増

 

なお、イスラエルには他に石化関係で次ぎの会社がある。

Dor Chemicals
 石油化学事業部ではメタノール、MTBE、フォルムアルデヒドその他を生産
 子会社
The Treofan Group OPPフィルム,CPPフィルムなどを生産
   Dor 51%/Bain Capital 49% のJVで、ドイツに本拠を置き、世界20カ国以上に拠点

Electrochemical Industries (1952) Ltd
 電解、EDC、VCM、PVCの一貫製造会社
 2005年1月にイスラエル環境省が環境問題でPVCを無期限停止とした。(その後不明)

Gadiv Petrochemical Industries Ltd.
 Oil Refineries Ltd. の100%子会社で、芳香族、脂肪族の溶剤、無水フタル酸、その他を生産

|

« 韓国と米国の自由貿易協定交渉、医薬品問題で決裂 | トップページ | 独占禁止法に関する論点整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国と米国の自由貿易協定交渉、医薬品問題で決裂 | トップページ | 独占禁止法に関する論点整理 »